安住財務相:決算剰余金は復興予算への活用が適切-補正論議けん制

安住淳財務相は3日午前の閣議後会 見で、2011年度予算の決算剰余金が約2兆円規模に上ることを受け、 「かなりの部分は復興のための予算として使うのが適切だ」と述べ、与 野党内で浮上している今年度補正予算編成の議論にくぎを刺した。

決算剰余金の内訳は税収の上振れ分や国債費の不用額など約1.2兆 円と、11年度1-3次補正予算で計上した東日本大震災の復興関連予算 (計約15.2兆円)の使い残し約7500億円。うち復興予算の剰余分は今年 度予算で新設した震災復興特別会計に繰り入れられる。

復興予算は震災から向こう5年間で19兆円が必要とされるが、財務 相は「すでに超える可能性が高くなってきた」とした上で、「今年後半 から来年にかけて新たな財源の調達に対する手当を考えなければならな い」と指摘。

さらに、公共事業や円高対策など追加歳出を伴う補正編成について は、今年度予算の赤字国債発行の裏付けとなる「特例公債法案の成立な く、その先に進むのは物理的に難しい」と述べ、法案に反対している野 党をけん制した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE