塩野義の仮差し止め請求認めた地裁判断、米連邦高裁が覆す

塩野義製薬が糖尿病治療薬「フォル タメット」をめぐりインドの医薬品メーカー、ルピンを相手取って起こ した特許侵害訴訟で、米連邦特別行政高裁は2日、塩野義の仮差し止め 請求を認めた連邦地裁の判断を無効とした。これにより、ルピンはフォ ルタメットのジェネリック(後発品)販売を継続できることになった。

塩野義は特許侵害訴訟の判決が下るまでジェネリックの販売を差し 止めるよう求め、地裁がこの請求を認めていたが、高裁はルピンが塩野 義の特許の妥当性について実質的な問題を提起したとし、地裁の判断を 覆した。今回の判断は高裁のウェブサイトに掲載された。

原題:Lupin Wins Appeals Court Ruling in Dispute Over Fortamet Copy(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE