NY金:反落、ドル持ち直しで代替需要が減退-1597.70ドル

ニューヨーク金先物相場は反落。ド ルが上昇したことで、代替投資先としての金の需要が減退した。

ドルは主要通貨のバスケットに対して一時0.4%上昇。ユーロ圏の 5月の失業率は11.1%で、4月の11%を上回り、1995年の統計開始以来 の最高となった。ドルは先月29日に昨年10月以来の大幅安となっていた 一方、金は3.5%急伸していた。欧州連合(EU)首脳会議でスペイン の銀行向け緊急融資の返済取り決めを緩和するとともに、イタリアが対 象となる可能性がある支援の条件を緩めることで合意したことが背景だ った。

アトヤント・キャピタル・マネジメントの運用担当者、プラティ ク・シャーマ氏は電話インタビューで、「金は29日に短絡的な反応を見 せたが、今になって問題解決には程遠い状況にあることが認識され、ド ルが再び上昇している」と指摘。「一部に利益確定の売りも出ている」 と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前週末比0.4%安の1オンス=1597.70ドルで終了。6月は2.6% 高と、月間ベースでは5カ月ぶりのプラスを確保した。

原題:Gold Declines as Dollar’s Rebound Erodes Demand for Metal Haven(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE