仏プジョー、人員削減目標を最大1万人に引き上げも-労組

欧州2位の自動車メーカー、フラン スのプジョーシトロエングループ(PSA)は今年、従来発表を上回る 人員削減を計画しており、削減規模は仏国内の従業員全体の最大10%に 上る見通しだ。欧州の自動車市場が低迷する中、経営コストの削減を図 る。プジョーの労働組合幹部が明らかにした。

プジョーの労組で2番目に大きい「FO」のトップ、クリスチャ ン・ラファイエ氏はインタビューで、同社が「人員削減の目標を仏国内 だけで8000-1万人に引き上げる見通しだ」と述べた。ただ情報源につ いては明らかにしなかった。プジョーは昨年11月に、欧州全体で6000人 削減する方針を示していた。

欧州自動車工業会(ACEA)によれば、プジョーの1-5月の欧 州販売は15%減と、減少率は業界全体(7.3%減)を上回っている。

ラファイエ氏によれば、プジョーは今月25日の1-6月(上期)決 算発表時に、新たな削減目標を明らかにする可能性がある。同社の広報 担当、ピエールオリビエ・サルモン氏はコメントを控えた。

原題:Peugeot May Lift Job Cuts Target to 10,000 Posts, Union Says (1)(抜粋)