米東海岸は真夏日続く、雷雨や猛暑も-首都周辺で大規模停電

米国の東海岸では今週、気温がカ 氏90度(セ氏約32度)を上回り、激しい雷雨に見舞われる恐れがある。 首都ワシントン周辺ではこの週末の暴風雨の影響で大規模な停電が発生 し、50万世帯近くでいまだに電力が復旧していない。

米気象庁(NWS)によると、2日のニューヨーク市では最高気温 がセ氏33度、3日は32度となる見通し。今週いっぱいはワシントンやフ ィラデルフィアで最高気温が32度以上、シカゴやセントルイスを含む米 中部全域では38度以上が続くと予想されている。

コモディティー・ウェザー・グループ(メリーランド州)のマッ ト・ロジャーズ社長によれば、今週末には東海岸の熱波も一段落する可 能性がある。

同社長は「それまでは中西部から東海岸にかけての主要な地域で35 -37度に達する、あるいはところによっては38度を超えることが見込ま れる」とし、「時折発生する雷雨の脅威に備えることが重要だ」と述べ た。

原題:Heat to Grip U.S. East Coast This Week as Severe Storms Possible(抜粋)