グローバル・ストックマーケット・サマリー【アジア・太平洋編】

アジア・オセアニア各株式市場の動 きは以下の通り。

【香港株式市況】

2日の香港株式市場は、特別行政区成立記念日の振り替え休日のた め休場となる。取引は3日に再開される。

【中国株式市況】

中国株式相場は小幅上昇。同国の新築住宅価格が6月に10カ月ぶり に上昇に転じたほか、製造業の指標が市場予想を上回ったことが材料視 された。

6月の住宅価格が上昇したことで、中国2位の不動産開発会社、保 利房地産集団(600048 CH)が2.3%高。万科企業(000002 CH)や金地 集団(600383 CH)も上げた。アルミニウム生産のチャルコ(中国アル ミ、601600 CH)を中心に素材株も上昇。欧州債務危機が和らぎつつあ るとの観測を背景に、資源の需要見通しが改善した。

一方、中国最大の自動車メーカー、上海汽車集団(SAICモータ ー、600104 CH)は8.5%安。広州市が新車の購入台数を制限する方針だ と広州日報が報じた。

上海証券取引所の人民元建てA株と外貨建てB株の双方に連動して いる上海総合指数は、前週末比0.68ポイント高の2226.11で終了。騰落 比率は上昇6銘柄に対し下落2銘柄。上海、深圳両証取のA株に連動し ているCSI300指数は同0.2%高の2465.24。

華西証券のアナリスト、マオ・ション氏は、中国の製造業の「デー タは予想を上回った上に、欧州では一定の解決があったようだ」と指 摘。「それでも、投資家は経済に対し非常に懸念している」と述べた。

【インド株式市況】

インド株式相場は5営業日ぶりに下落。最近の相場上昇が行き過ぎ との見方が一部で広がった。

インド最大のたばこ会社、ITCは一時4カ月余りで最大の値下が りとなった。同国北部のウッタルブラデシュ州がたばこ製品の税率を引 き上げたとの報道が売り材料。国内最大のトラックメーカーで、高級車 メーカーのジャガーランドローバーを傘下に置くタタ・モーターズは2 週間ぶり安値を付けた。6月の販売台数減少が嫌気された。家庭用品で 国内最大手のヒンドゥスタン・ユニリーバは1.7%下落した。

ボンベイ証券取引所のセンセックス30種指数は前週末比31.00ポイ ント(0.2%)安の17398.98で終了。この日は方向感のない取引に終始 した。同指数の相対力指数(RSI、14日間ベース)は先月29日に68に 達した。RSIが70を上回ると売りのシグナルと見なす投資家もいる。

【オーストラリア株式市況】

ASX200指数は前週末比38.37ポイント(0.9%)高の4133.00。

【韓国株式市況】

韓国総合株価指数は前週末比2.36ポイント(0.1%)安の1851.65。

【台湾株式市況】

加権指数は前週末比48.88ポイント(0.7%)高の7345.16。

【シンガポール株式市況】

ST指数は前週末比32.14ポイント(1.1%)高の2910.59。

【マレーシア株式市況】

FTSEブルサ・マレーシアKLCI指数は前週末比1.70ポイント (0.1%)高の1600.85。

【タイ株式市況】

SET指数は前週末比16.63ポイント(1.4%)高の1188.74。

【インドネシア株式市況】

ジャカルタ総合指数は前週末比35.96ポイント(0.9%)高 の3991.54。

【フィリピン株式市況】

フィリピン総合指数は前週末比53.83ポイント(1%)高 の5300.24。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE