ECBは域内唯一の銀行監督当局にはなれない-ノボトニー氏

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、オーストリア中銀のノボトニー総裁は2日、ECBは域内全 ての銀行を対象とする唯一の監督機関にはなれないとの見解を示した。

ノボトニー総裁はウィーンで記者団に対し、「ECBの役割を拡大 し、欧州に幾多とある銀行の唯一の監督機関にするのは現実的とは思え ない」とし、「理にかなった役割分担が必要だろう。各国の監督当局が 中心的役割を担うが統一された同じ規則を守り、ECBが質の管理を担 当するというものだ」と続けた。

さらに、「条件抜きの支援はあり得ないほか、あらゆる条件には監 視の目が必要だという大原則は重要だと思う」とも述べ、銀行への直接 支援の可能性に対しECBが機能するには、それが大前提だと論じた。

原題:Nowotny Says ECB Can’t Be Supervisor of All European Banks (抜粋)