スペイン、史上初の偉業で批判派屈服させる-欧州選手権

スペインは1日にキエフで行われた サッカーの欧州選手権決勝で、これまで温存していた力を一気に爆発さ せて史上初の連覇を達成した。

2010年のワールドカップ(W杯)を含めて3大会連続の優勝という これも初めてとなる快挙。決勝戦最多の得点差となる4-0でイタリア を一方的に下し、退屈な戦いで勝ち上がってきたと批判してきたサッカ ー関係者らを屈服させた。

スペインのビセンテ・デル・ボスケ監督は決勝戦で、ストライカー を先発メンバーから外す布陣を敷いた。これについてMFのセスク・フ ァブレガスは「自分の考えでは、スペインが退屈なプレーをしていると 考える人は試合が分かっていない。3大会続けての優勝はサッカーの歴 史で初めてだ」と記者団に語った。

イングランドの名門、アーセナルのアーセン・ベンゲル監督らの批 判派は試合前、ティキ・タカと呼ばれる短くて速いパス回しで相手にボ ールを与えず、チャンスを生み出すよりも相手のプレーを阻止するスペ インの戦法について、「哲学に背くものだ」と述べていた。

前回の欧州選手権準決勝でロシアを3-0で破って以来、1日の決 勝戦までの7試合で、スペインは5試合連続で1-0の勝利。6月23日 の対フランス戦で2-0で勝ったものの、先週の準決勝の対ポルトガル 戦では0-0の末のPKで勝っての決勝進出だった。

原題:Spain Answers Critics With Record-Breaking Victory at Euro 2012(抜粋)