メキシコ大統領選:最大野党のペニャニエト氏が勝利宣言

1日投開票のメキシコ大統領選挙 は、最大野党・制度的革命党(PRI)のエンリケ・ペニャニエト氏が 勝利を宣言した。PRIは12年ぶりに政権を奪回する。

ペニャニエト氏(45)はメキシコ市の党本部で「メキシコ国民はわ が党に2度目の機会を与えてくれた」と演説、批判を受け入れる「オー プンで責任を果たす大統領」になることを誓った。

開票速報を基にした選挙管理当局の予測によれば、同氏の得票率 は37.9-38.6%で、革命民主党(PDR)のロペスオブラドール氏 の30.9-31.9%を上回る。現職のカルデロン大統領の後継、国民行動党 (PAN)のバスケスモタ氏の得票率は25.1-26%。

原題:Pena Nieto Claims Win in Mexico Election as PRI Returns to Power(抜粋)

--取材協力:Jose Enrique Arrioja、Brendan Case、Jonathan Roeder、Carlos Manuel Rodriguez、Ben Bain.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE