中国人民元:対ドルで1か月ぶり高値、製造業指標を好感

中国人民元は2日、対ドルで1カ月 ぶり高値に上昇。元の4-6月(第2四半期)のパフォーマンスは2005 年のドル・ペッグ(連動)制廃止以後で最悪となったが、製造業の指標 がエコノミスト予想を上回ったことを受けて、元が上向くとの観測が広 がった。

中国人民銀行(中央銀行)はこの日、元の中心レートを0.16%元高 方向の1ドル=6.3146元と、1週間ぶり高水準に設定した。中国国家統 計局と中国物流購買連合会が1日発表した6月の製造業購買担当者指数 (PMI)は50.2と、5月の50.4から低下したものの、 ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想中央値の49.9は上回った。英 HSBCホールディングスとマークイット・エコノミクスが2日発表し た6月の中国製造業購買担当者指数(PMI)改定値は48.2となった。 6月21日発表の速報値は48.1だった。5月のPMIは48.4。

中国外国為替取引システム(CFETS)によると、人民元は上海 市場で前週末比0.08%高の1ドル=6.3488元で引けた。一時は6.3461元 と、5月29日以来の高値を付けた。4-6月は0.88%の値下がりとなっ ていた。

香港のオフショア市場では、元は0.13%高の6.3518元。ブルームバ ーグが集計したデータでは、元の1年物ノンデリバラブル・フォワード (NDF)は0.01%高の6.4101元。

原題:Yuan Touches One-Month High After Manufacturing Data Tops Survey(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE