TOPIXが一時マイナスに、ディフェンシブ業種軟調-資源堅調

午前終盤の東京株式相場は一段と伸 び悩み、TOPIXは一時前週末比0.03ポイント安の770.05とわずかな がらマイナス圏に沈んだ。欧州債務問題の行き過ぎた不安感が後退する 中、投資資金が景気変動の影響を受けにくいディフェンシブ業種から景 気敏感業種にシフト。この影響で、電気・ガス、陸運、食料品株などが 安く、直近の上昇が目立っていたパルプ・紙や不動産株も安い。

一方、原油など国際商品市況が急伸したことを好感し、鉱業や卸 売、石油・石炭製品、非鉄金属など資源関連株は堅調な値動き。