米ISM製造業景況指数:6月は8カ月ぶり低水準か-BN調査

米国の6月の製造業活動ペースは、 8カ月ぶりの低水準となったもようだ。製造業による景気拡大への寄与 は以前より小さくなっていることが示されるとエコノミストらはみてい る。

ブルームバーグ・ニュースがエコノミスト60人を対象に実施した調 査によると、米供給管理協会(ISM)が2日発表する6月の製造業景 況指数は52(予想中央値)と、前月の53.5から低下が見込まれている。 同指数は50を上回ると製造業活動の拡大を示す。同日発表の5月の建設 支出は3カ月連続で増加が予想されている。

IHSグローバル・インサイトの米国担当チーフエコノミスト、ナ イジェル・ゴールト氏は「米経済の成長速度は一段と緩やかになるだろ う」と指摘。「製造業の大きな強みだった輸出は勢いが衰えている。内 需が力不足だ」と述べた。

ISM製造業景況指数はニューヨーク時間午前10時(日本時間午 後11時)に発表される。エコノミストの予想レンジ50.5-53.1。

米商務省は同時刻に5月の建設支出を発表する。ブルームバーグ調 査でのエコノミスト39人の予想中央値は前月比0.2%増。予想レンジ は0.8%減から1%増。過去最低水準の住宅ローン金利と不動産価格の 下落を背景に、住宅市場が落ち着いていることが示されると見込まれ る。

--取材協力:Kristy Scheuble.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE