中国:6月の住宅価格が10カ月ぶり上昇、利下げ反映-捜房網

中国の新築住宅価格が6月に10カ月 ぶり上昇に転じた。中国最大の不動産ウェブサイトを運営する捜房網が 発表した。景気を支えるために当局が金融緩和を進めたことが寄与して いる。

捜房網が電子メールで2日配布した資料によれば、6月の住宅価格 は前月比0.1%上昇の1平方メートル=8688元(約10万9000円)となっ た。100都市を対象に調査した。中国の10大都市では北京が2.3%上昇と なったほか、深圳も0.8%値上がりした。

国営の新華社通信は1日、李克強副首相が住宅投機抑制策を続ける 一方、手頃な価格の住宅建設の取り組みを強化することを求めたと伝え た。政府は住宅抑制策を維持しながら銀行の資金調達を容易にし、初め て住宅を購入する消費者を支援すると約束している。中国人民銀行(中 央銀行)は先月、2008年以来となる1年物の貸出基準金利引き下げを実 施した。

マッコーリー・キャピタル・セキュリティーズの不動産アナリス ト、高剣峰氏(上海在勤)は「市場の地合いを変える上で利下げが大き な役割を果たした。政府は不動産政策の全体的な方向は変えていない が、あまり大きくない都市では緩和についてそれほど厳しくしないだろ う」と指摘している。

原題:China Home Prices Rise for First Time in 10 Months, SouFun Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE