イタリア政府、医療など歳出削減で2日に会議-コリエレ紙

70億-80億ユーロ(約7080億-8090 億円)の歳出削減計画には構造的な医療費用20億ユーロの削減が含まれ ると、イタリア紙コリエレ・デラ・セラが報じた。

・付加価値税(VAT)引き上げの回避を目指し、エンリコ・ボンディ

氏を中心とした歳出見直し作業で対象項目を特定している ・同国のカトリカラ副首相は、政府は「サービスを削減しない」と言明

原題:Italy Government to Meet on Spending Cuts Tomorrow: Corriere(抜粋)