英バークレイズのアギウス会長辞任へ、2日にも発表-関係者

資産規模で英銀2位、バークレイズ のマーカス・アギウス会長は、同行がロンドン銀行間取引金利 (LIBOR)の操作に関連し過去最高の2億9000万ポンド(約360億 円)の罰金を科せられた問題を受けて辞任を予定している。辞任に関し て説明を受けた関係者の1人が明らかにした。この問題をめぐっては議 員から非難の声が強まっている。

公表前を理由に同関係者が匿名を条件に語ったところによると、ア ギウス会長(65)の辞任は2日にも発表される可能性がある。同氏 は2007年1月からバークレイズの会長を務めていた。

銀行がLIBOR操作で共謀した問題をめぐり国際的な規制当局の 調査を受けて以降、辞任する見通しとなった銀行幹部としてはアギウス 会長の地位が最も高い。利益を上げる目的で同行が「組織的」に LIBORと欧州銀行間取引金利(EURIBOR)の操作を試みたと 英米当局が指摘して以後、バークレイズのロバート・ダイアモンド最高 経営責任者(CEO)は議員から圧力を受けている。

メディオバンカの銀行アナリスト、クリストファー・ウィーラー氏 (ロンドン在勤)は「議員らはアギウス氏はダイアモンドCEOの代わ りに責任をとったと判断するだろう」と述べた上で、「議員らは何かす る必要があると認識した。アギウス氏は罰金を科せられた際の会長だ が、それで十分かということだ」と語った。

ダイアモンド、アギウス両氏は今週、英議会の財務特別委員会に出 席する。英財務省報道官の1人は政府方針を理由に匿名で、これとは別 に英政府は、LIBORのルールに違反した人物に対する刑事処分を含 めたLIBORの今後に関する質問を準備していることを明らかにし た。

6月27日に罰金が発表されて以降、バークレイズの株価は17%下 落。FTSE350銀行指数の構成銘柄で年初来のパフォーマンスが最も 悪くなっている。

ウィーラー氏は「ダイアモンドCEOが辞任すれば、株価はさら に10%下落する可能性があると株主は懸念するだろう」と述べた。

原題:Barclays’s Agius Said to Be Poised to Quit After Libor Fine (2)(抜粋)

--取材協力:Lindsay Fortado、Scott Hamilton.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE