【今週の債券】長期金利0.8%後半に上昇か、欧州懸念緩和や入札警戒

今週の債券市場で長期金利は0.8% 台後半まで上昇するとの見方が出ている。ユーロ圏首脳が救済資金に よる銀行への直接資本注入などの合意で欧州債務懸念が緩和し、比較 的安全な日本国債が買われてきたことの反動が見込まれるほか、10年 債入札に対する警戒感が背景にある。

長期金利の指標となる新発10年債利回りについて、ブルームバー グ・ニュースが前週末に市場参加者3人から聞いた今週の予想レンジ は全体で0.79-0.90%。0.8%台後半は、6月中旬以来の高い水準。

欧州連合(EU)首脳会議では、欧州安定化メカニズム(ESM) が域内の民間銀行に直接資本注入できる仕組みやESMによる対スペ イン融資の優先返済権の放棄などで合意。欧州危機克服に向けた進展 が見られたことで、週末の欧米市場では株価やユーロが大幅高となり、 債券はこれまでの「質への逃避」で買われてきた反動売りが出た。

DIAMアセットマネジメントの山崎信人エグゼクティブファン ドマネジャーは「スペイン向け融資の優先権放棄で一つ懸案をクリア した。EU首脳会議への期待がなさ過ぎただけに、このタイミングで 意外に対策が出てきて、反動が起こりやすかった」と分析した。

野村証券の松沢中チーフストラテジストは「欧州不安の緩和でリ スクオン(選好)が進む中、ドイツに追随して日米国債の調整が進も う。長期金利の上昇めどはギリシャ選挙前の0.9%台だが、米国景気 の不安がやや強まっている分、一気には達しないだろう」と言う。ま た、欧州中央銀行(ECB)が5日に開く理事会では利下げ観測が出 ている。松沢氏は、利下げとなれば「リスクオンが促される」とみる。

一方、日本銀行が2日に発表する企業短期経済観測調査(短観) では、ブルームバーグ調査によると、大企業・製造業の業況判断DI がマイナス4と前回3月調査(マイナス4)から横ばいとなる見込み。

10年債入札、利率低下に警戒

3日に10年利付国債(7月発行)の入札が実施される。前週末の 入札前取引では0.835%程度で推移した。このため、表面利率(クー ポン)は前回債より0.1ポイント低い0.8%か、横ばいの0.9%の見込 み。0.8%で決まれば、2010年10月以来の低水準となる。発行予定額 は前回債と同額の2兆3000億円程度。

今回の同入札について、SMBC日興証券の末沢豪謙チーフ債券 ストラテジストは、入れ替え需要は見込めるとしながらも「さすがに

0.8%クーポンには抵抗感が強そうだ」と懸念する。みずほインベスタ ーズ証券の井上明彦チーフストラテジストは「前回0.8%クーポンと なった10年10月は入札後に急落し、相場の大転換につながった。先 月の10年債入札も低調だった」と言い、不安があるとの見方を示した。

前週末までに集計した市場参加者の今週の予想レンジは以下の通 り。先物は9月物、10年国債利回りは新発の323回債。

◎岡三証券の鈴木誠債券シニアストラテジスト

先物9月物143円30銭-144円10銭

10年国債利回り=0.79%-0.87%

「欧州問題の改善期待が出てきても、需給面から大きく売られる ことは考えづらい。ただ、10年債入札ではクーポンが0.8%に下がれ ば苦戦する可能性があり、0.9%まで調整できれば無難に消化するだろ う。ECBの利下げ観測がある中、来週の日銀会合が意識される上、 米国も緩和期待が後退するほどの雇用改善は見込みづらい」

◎みずほインベスターズ証券の井上明彦チーフストラテジスト

先物9月物143円00銭-143円90銭

10年国債利回り=0.80%-0.90%

「欧州懸念絡みの材料に反応しやすく、先週末はEU首脳会議で の合意内容などの報道を受けて株高、ユーロ高、債券安となった。こ うした材料がなくても、今週は四半期の初めで、相場にはいったん調 整が入りやすい。4月初めも軟調だった。もっとも、長期金利が0.9% 近くに上昇すれば投資家は喜んで買いを入れるだろう」

◎新生銀行ALM部の勝智彦次長

先物9月物143円50銭-143円75銭

10年国債利回り=0.825%-0.85%

「米連邦公開市場委員会(FOMC)を見極める上で米雇用統計 に注目。ECB理事会は、ユーロ圏が混乱し株価が下がれば追加緩和 を行うが、安定していれば何もしないとみている。流動性供給が優先 されるだろう。先週発表の鉱工業生産が弱く、日銀短観は弱めに出る 可能性がある。景気が良くなる感じではなく、売り材料もないとみて いる」

--取材協力:池田祐美、船曳三郎 Editors:山中英典、青木勝

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 山中英典 Hidenori Yamanaka +81-3-3201-8347 h.y@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net