世界で生活費が最も高い都市は東京 -。マーサーの年次調査で分かった。マーサーは世界の214都市につい て、外国人にとっての生活コストを比較した。欧州ではモスクワが最も 高コストの都市だった。

マーサーは12日公表したリポートで、「経済、政治の混乱を含めた 最近の世界の出来事が、為替相場の変動とインフレ、住居費の乱高下を 通じて、多くの地域の順位に影響を与えた」と説明した。東京はアンゴ ラの首都ルアンダを抜いて1位になった。

マーサーはニューヨークを基準として交通費、衣料費、食費、日用 品価格、娯楽費、住居費など200余りの項目を比較。住居費はしばし ば、外国人にとっては最大の経費となるため影響が大きい。

マーサーによると、東京ではコーヒー一杯が8.15ドル(約650 円)。2寝室・家具なしの高級マンションの賃貸料が月4766ドル。モス クワでは海外の新聞1紙が9.60ドル。ルアンダではジーンズ1本が174 ドルだった。

スイス・フラン高で、スイスではジュネーブが世界5位、チューリ ヒが6位。首都ベルンは14位だった。一方、ユーロなど自国通貨がドル に対して下落している欧州諸国の都市の多くはランキングが低下。オス ロは18位(前回15位)、ロンドンは25位(同18位)、パリは37位(同27 位)に後退した。

原題:Tokyo Overtakes Luanda as Most Expensive City for Expatriates(抜粋)

最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE