ゴンサレスパラモECB理事:スペインに銀行資本増強の余地

欧州中央銀行(ECB)のゴンサレ スパラモ理事は、スペインには銀行再建基金(FROB)を通じて銀行 の資本増強を行う余地があるとの見解を示した。

ゴンサレスパラモ理事(53)は31日、フランクフルトでのインタビ ューで、「スペイン政府は今年、発行プログラムを前倒ししており、こ のためFROBを通じた公的資金が必要になる場合、若干の余地があ る」と指摘。「現在、同国の銀行セクターの必要額の外部評価が行われ ており、1カ月後には判明するだろう」と説明した。同理事はこの日で 任期を終え退任する。

同理事はまた、「欧州安定化メカニズム(ESM)が政府を通じて ではなく、銀行の資本増強を直接、行えるようにすることに、われわれ はずっと賛成してきた」と述べた。

原題:ECB’s Paramo Says Spain Has Gained Room on Recapitalizing Banks(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE