コンテンツにスキップする

ギリシャが離脱しても中国は大丈夫-発改委の張氏が新華社に

中国国家発展改革委員会(発改委) の学術委員会秘書長を務める張燕生氏は、ギリシャがユーロ圏を離脱し ても中国経済は耐えられるとし、大規模な刺激策は必要ないとの見解を 示した。

張氏は「ギリシャ離脱が金融・経済危機を引き起こしリーマン・ブ ラザーズ破綻と同様の打撃をもたらすと想定しても、中国は対応でき る」と述べた。国営の新華社通信が報じた。

張氏は新華社とのインタビューで、中国の巨大な国内市場と開放度 の比較的低い金融システムが同国経済を外的ショックから守ると説明。

ギリシャがユーロ圏を離脱すれば、2008年に始まった世界的な金融 危機時もそうであったように、欧州販売に依存する中国の輸出業者は5 カ月ほど苦しむかもしれないと指摘。その上で、ギリシャ離脱の可能性 は「極めて低い」と語った。

原題:China Can ‘Cope’ If Greece Exits Euro, NDRC Researcher Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE