ビスコ伊中銀総裁:救済基金の銀行直接支援を可能にすべきだ

欧州中央銀行(ECB)政策委員会 メンバー、イタリア銀行(中央銀行)のビスコ総裁は31日、欧州当局者 は救済基金による銀行の直接支援を可能にし、共同債発行など債務の共 有化についても検討すべきだとの見解を示した。

ビスコ総裁はローマで講演し、債券利回り急上昇に直面する国に対 する既存の救済メカニズムは「効率性を向上させねばならない」と指 摘。「欧州連合(EU)の規則を順守する国への懲罰的な要素を薄める と同時に一段と柔軟な手続きを整え、証券市場への迅速な介入や銀行へ の直接支援が可能になることはあってしかるべきだ」と発言した。

原題:ECB’s Visco Says Europe Must Make Bailout Mechanisms More Agile(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE