ドイツ:4月の小売売上高指数、前月比0.6%上昇-予想上回る

ドイツの4月の小売売上高は2カ月 連続で増加した。20年ぶり低水準にある失業率と上昇しつつある賃金が 家計の購買力を押し上げた。

独連邦統計庁が31日発表した4月の小売売上高指数(物価・季節調 整済み)は前月比0.6%上昇。ブルームバーグ・ニュースがエコノミス ト27人を対象にまとめた調査の予想中央値は0.2%上昇だった。3月 は1.6%上昇に改定された。4月は前年同月比では3.8%低下した。

北ドイツ州立銀行(ノルトLB)のエコノミスト、イエンス・クラ マー氏(ハノーバー在勤)は「民間消費は、引き続き改善している労働 市場と最近の賃金増加から恩恵を受けている」と指摘。「インフレ率の 低下は、消費者が実質的に一段の消費余地を持つことを意味している」 とも述べた。

原題:German Retail Sales Rose for a Second Straight Month in April(抜粋)

--取材協力:Kristian Siedenburg、Jana Randow.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE