コンテンツにスキップする

インド:1-3月GDP、前年同期比5.3%増-市場予想下回る

インドの1-3月(第1四半期)の 国内総生産(GDP)は前年同期比5.3%増となった。

中央統計機構が31日発表した1-3月期GDPは、ブルームバーグ がエコノミスト31人を対象に実施した調査の予想中央値(同6.1%増) を下回った。2011-12年度(11年4月-12年3月)のGDPは前年 比6.5%増。別のブルームバーグ調査では同6.7%増と見込まれていた。

欧州債務危機が世界経済の先行きを曇らせ、インフレ加速や記録的 な貿易赤字が内需刺激を目的とする追加利下げの余地を狭める中、同国 のシン首相は成長の押し上げに苦慮している。

イエス銀行(ムンバイ)のチーフエコノミスト、シュブハダ・ラオ 氏はGDP発表前に、「特に利下げ余地が限られているため、速やかに 改革を実行しなければインドの景気減速は長期化するリスクがある」と 語っていた。

原題:India’s Economy Expanded 5.3% Last Quarter From a Year Earlier(抜粋)

--取材協力:Manish Modi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE