コンテンツにスキップする

金価格は12年連続で上昇へ、需要が鉱山からの供給上回る-業界団体

金の世界需要は鉱山からの供給量を 上回る状態が今後数年は続き、金価格は12年連続の上昇を記録する見通 しだ--。このほど来日した産金業界団体ワールド・ゴールド・カウン シル(WGC)の投資調査担当マネジング・ディレクター、マーカス・ グラッブ氏がブルームバーグ・ニュースとの取材で述べた。

グラッブ氏は、2012年の金鉱山からの産金量が前年の2800トンから 3%増える一方、需要が4400トンの横ばい程度を維持すると指摘。差と なる1600トンの需要分を使用済み金製品の再利用(リサイクル)によっ て埋めている状況という。

産金量は需要を下回る状態が当面続くとしたうえで、現在の金価格 は底値に近いと指摘した。金の現物価格は31日午後3時28分現在で1オ ンス当たり1563ドルと、16日に付けた年初来の安値1527ドルから36ドル 程度上回る水準で推移している。昨年12月末の価格は1564ドルだった。

金の需要をけん引する要因の1つが各国・地域の中央銀行の金保有 量の拡大継続。WGCが17日発表したところによると、ドルやユーロの 信認低下から11年の中銀の金の買越量は456トンと1964年以来で最大と なった。今年も400トンの買い越しが見込まれている。グラッブ氏は、 アジアの富裕層の金製品の購入も需要を押し上げ、特に全体の需要の約 半分はインドと中国の2カ国で占めると指摘した。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE