ギリシャ向け輸出の新規保険引き受け停止-ユーラーヘルメス

世界最大の取引信用保険会社ユー ラ―ヘルメスは、ギリシャ向け輸出に対する新規の保険引き受けを停止 した。同国がユーロ圏から離脱するリスクと、輸出業者の支払いが滞る 可能性が理由。

ドイツ保険大手アリアンツ傘下のユーラ―ヘルメスは30日に電子メ ールで配布した発表文で、ギリシャへの輸出は「リスクが著しく強まっ た」と指摘。同社では引き続き、ギリシャがユーロ圏に残留するとの仮 定の下に業務を行っているとも説明した。

ユーラーエルメスの広報担当者ベッティナ・サトラー氏は電話取材 に対し、「既存の契約と国内の信用取引保険は引き続き履行する」とし た上で、ギリシャ向け輸出の新規引き受けは行わないと述べた。

輸出保険の引き受け停止により、一定の製品がもはやギリシャの企 業や店舗に届かない公算が強まった。オーストリア管理銀行(Oe KB)は29日、ギリシャ向け輸出の保険について新規の引き受けを行わ ないことを発表。フランス貿易保険会社(COFACE)も、「最も健 全なギリシャ企業」のみと契約するとした。

ユーラ―ヘルメスは26日に、ギリシャがユーロ圏から離脱するリス クを踏まえ、同国向けの輸出の保険適用が妥当かどうか見直しているこ とを明らかにしていた

オランダの信用保険会社アトラディウスとイタリア外国貿易保険 (SACE)は今週、ギリシャの展開を注意深く見守るする一方で、同 国向け輸出の新規保険を妥当な範囲内で引き受けることを表明した。

原題:Greece Risks Trade Constraints as Insurers Cut Export Coverage(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE