コンテンツにスキップする

JPモルガン:CIOと他部門でスワップ価格に格差-関係者

デリバティブ(金融派生商品)取引 で20億ドル(約1580億円)以上の損失を出した米銀JPモルガン・チェ ースのリスク管理部門チーフ・インベストメント・オフィス(CIO) が一部のクレジット・スワップ取引を評価した価格と、同行投資銀行部 門の同評価額との間にかい離があった。事情に詳しい複数の関係者が明 らかにした。

関係者の一人が論評する権限がないとして匿名で語ったところによ ると、CIOと投資銀行部門の価格差の問題は、損失が開示された5 月10日以前は巨額損失の陰に隠れていた可能性があるという。

サンフォード・C・バーンスティーンのアナリスト、ブラッド・ヒ ンツ氏は「私はこのような事に遭遇したことは一度もない」とした上 で、同行の各部署の「価格を比較する一元的な会計グループがそのため に存在し、外れた価格が付かないようにしている」と説明した。

JPモルガンの広報担当ジェニファー・ザッカレッリ氏は、CIO と投資銀行部門が異なる価格を用いていたかどうかに関してはコメント を控えたが、「CIO部門のシンセティック・クレジット・ポートフォ リオの全ての資産は時価会計だった」と説明した。

ニューヨークに本拠を置くヘッジファンド、TFマーケット・アド バイザーズの創業者、ピーター・チアー氏は、「ディーラーデスクの価 格よりも高い水準に計上するのは通常ではあり得ない」と指摘。「これ が本当なら非常に大きい問題だ」と述べた。

原題:JPMorgan CIO Swaps Pricing Said to Differ From Investment Bank(抜粋)

--取材協力:Steven Sloan、Stephanie Ruhle、Erik Schatzker、Dawn Kopecki.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE