コンテンツにスキップする

債券上昇、長期金利は一時9年ぶり低水準-欧州信用不安・円高・株安

債券相場は上昇。欧州債務危機の 深刻化を背景に安全資産とされる米国やドイツの国債が買われた流れ を引き継ぎ、長期金利は一時、約9年ぶりの水準まで下げた。円高・ 株安もあり、超長期債の利回りも低下した。

東京先物市場で中心限月の6月物は前日比33銭高の143円76銭 で取引を開始。直後に39銭高の143円82銭まで上昇し、中心限月で 2010年10月20日以来の高値を付けた。その後は徐々に上げ幅を縮め、 午前の終了前からは143円65-70銭程度で一進一退となった。大引け にかけて143円73銭まで買われたものの、結局は18銭高の143円61 銭で終えた。

UBS証券の伊藤篤シニア債券ストラテジストは、「スペインの銀 行問題が波及しており、リスク回避の動きで米国債、ドイツ国債利回 りは過去最低を更新。日本国債も買いが入っている。欧州の銀行は、 資本増強、破綻処理の枠組みが決まっておらず、不安感が強い状況。 きょうは月末で保有債券の年限長期化の買いもあるようだ」と話した。

現物債市場で長期金利の指標となる新発10年物の322回債利回り は前日比2.5ベーシスポイント(bp)低い0.81%で始まり、18日に記録 した03年7月1日以来の低水準(0.815%)を更新。その後は0.815 -0.82%で推移し、午後3時過ぎには1bp低い0.825%まで水準を切 り上げる場面があった。5年物の104回債利回りは同1.5bp低い

0.20%で始まり、10年10月6日以来の低水準を記録。いったん0.205% を付けたが、午後は再び0.20%を中心に取引された。

超長期債も堅調。20年物の136回債利回りは3bp低い1.605%で 始まり、その後は1.615%。午後3時過ぎに1.62%に水準を切り上げ た。30年物の36回債利回りも3bp低い1.765%で開始。午後は1.77% で推移し、3時過ぎに1.775%を付けた。

10-20年債利回り格差

三井住友海上あいおい生命保険経理財務部の堀川真一部長は、金 利低下の背景には欧州の債務問題や米景気減速への懸念などがあると 指摘。ただ、米雇用統計の発表をあすに控え「ここから一段と低下す るのは難しい」とみる。「買われるとすれば超長期債だろう。10-20 年債スプレッド(利回り格差)が縮小する方向ではないか」と述べた。

経済産業省が朝方発表した4月の鉱工業生産指数は前月比0.2% 上昇の95.8。2カ月連続のプラスだが、上昇率は市場予想を下回った。 先行きの生産動向を示す製造工業生産予測指数は、5月が3.2%低下、 6月は2.4%上昇が見込まれている。

農林中金総合研究所の南武志主席研究員は、鉱工業生産は2月以 降、予想を下振れる傾向が続いていると指摘した。

円高・株安

円の対ドル相場は1ドル=78円71銭と約3カ月半ぶり、対ユー ロでは1ユーロ=97円36銭と約4カ月半ぶり高値を記録。日経平均 株価も約4カ月半ぶりの安値を付け、TOPIXは年初来安値を更新 した。

30日の米債相場は大幅上昇。米10年債利回りは前日比12bp低下 の1.62%。一時は1.6085%と、昨年9月23日に付けた過去最低

1.6714%を下回った。スペインが国内銀行の資本増強で苦戦している ほか、イタリアでは入札の発行額が目標上過去最低を更新した。一方、 米株式相場は反落。S&P500種株価指数は1.4%安の1313.32。

6月17日に再選挙が行われるギリシャでは、最新の世論調査で国 際的な救済合意と緊縮策に反対の急進左派連合が最も支持を集めた。 スペインの5年債利回りは約半年ぶりに6%を突破。同国中央銀行の オルドニェス総裁は、大手銀国有化をめぐる批判の中、辞意表明に追 い込まれた。ユーロ圏内で最も安全な資産とされるドイツ国債の利回 りは2-30年の全てで過去最低を更新。2年債利回りは初めてゼロと なった。

--取材協力 池田祐美、赤間信行、船曳三郎 Editors:山中英典、青 木勝

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: 東京 山中英典 Hidenori Yamanaka +81-3-3201-8347 h.y@bloomberg.net 東京 野澤茂樹 Shigeki Nozawa +81-3-3201-3867 snozawa1@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先:

大久保義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

Rocky Swift +81-3-3201-2078 or rswift5@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE