5月31日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:円が対ユーロで上昇、11年ぶり高値-欧州懸念で

ニューヨーク外国為替市場では円がユーロに対して約11年ぶり高値 に上昇。欧州債務危機の深刻化や米国の景気減速を背景に逃避需要が高 まった。

円は主要通貨すべてに対して2日連続で上昇した。日本国債と米英 独の国債の利回り差が縮小したことが背景にある。ユーロは対ドルでほ ぼ2年ぶりの安値を付けたものの、スペイン債とイタリア債の上昇を材 料に値を戻した。

GFTフォレックスの通貨調査担当ディレクター、キャシー・リー ン氏(ニューヨーク在勤)は「対円でのドルは低い米国債利回りの悪影 響を色濃く受けている」と指摘した。

ニューヨーク時間午後5時現在、円は対ユーロで前日比1%高の1 ユーロ=96円84銭。一時96円51銭と、2000年12月1日以来の円高・ユー ロ安水準を付けた。対ドルでは1%上昇し、1ドル=78円32銭。200日 移動平均を上回った後、2月以来の高値となる78円21銭まで上げた。ユ ーロは対ドルではほぼ変わらずの1ユーロ=1.2365ドル。一時は1.2337 ドルと、10年7月以来の安値を付けた。

月間ベース

月間ベースでは円は対ドルで1.9%上昇、対ユーロでは8.4%高とな った。日本は貿易黒字国で海外資金に依存する必要がないため、政治・ 金融・経済が混乱する局面では円は上昇しやすい傾向にある。

シティグループ・グローバル・マーケッツのテクニカルストラテジ スト、トム・フィッツパトリック氏は対円でのユーロについて、「大局 的にみると、恐ろしいことに2000年10月につけた89円まで主要な支持線 はない」と指摘。「対円でのドルが2、3%を超えるような下げを演じ ることはないと考えているのなら、対ドルでのユーロがどこまで下げる かを過小評価しているようなものだ」と述べた。さらに、今後3週間で ユーロが対ドルで1.17ドルまで下げる可能性があると予想した。

スペイン10年債利回りは6カ月ぶり高水準から低下した。欧州中央 銀行(ECB)のドラギ総裁は欧州議会の委員会で、ユーロ圏の財政規 律・管理のない「空白」をECBは埋めることはできないとの認識を示 した。ECBは6月6日に政策委員会を開催する。

バンク・オブ・アメリカの外為ストラテジスト、デービッド・グラ ッド氏(ニューヨーク在勤)は「市場は当局者に危機への対応を求めて いるが、まだほとんど対処してない」と語った。さらに「利回りが低い 場所が、安全な逃避先としてなお認識されていることをあらためて示し ている」と述べた。

利回りが過去最低

ユーロは対ドルで今月、7.1%下落し、昨年9月以来の大幅安とな った。米10年債利回りは過去最低の1.5309%に低下。英10年債利回りも 過去最低の1.563%を記録した。独10年債利回りは1.199%と過去最低を 更新。日本の10年債利回りは0.815%。

主要6通貨に対するインターコンチネンタル取引所(ICE)のド ル指数は前日比0.1高の83.07。一時は83.22と、2010年9月以来の高水 準を付けた。

第1四半期のGDP改定値は前期比1.9%増と、速報値の2.2%増か ら下方修正された。先週の失業保険申請件数は1カ月ぶりの高水準に増 加した。

ユーロの相対力指数(RSI、14日間)は30を8日連続で下回って いる。同水準を下回ると、下落基調が反転する兆しとみられている。現 在の「売られ過ぎ」の状態は2008年以降で最長。

ロイズ・バンキング・グループの為替ストラテジスト、エードリア ン・シュミット氏はこの日付の顧客向けリポートで、6月17日のギリシ ャの総選挙前にユーロは対ドルで1.20ドルを割り込むとの見通しを示し た。

HSBCはリポートで、年末時点のユーロ予想を1.35ドルに下方修 正した。従来は1.44ドルと、ブルームバーグがまとめた調査の57社のう ちで最も強気だった。

HSBCはなおユーロ上昇を予想しており、ギリシャがユーロ圏に とどまり、当局者がほかの高債務国の支援に動くと予想している。一 方、米大統領選で米国の財政状況の弱さに注目が集まるともみている。

原題:Yen Strengthens to 11-Year High Versus Euro on Demand for Safety(抜粋)

◎米国株:S&P500は下落、経済指標嫌気-月間で9月来の大幅安

米株式相場は下落。ギリシャがユーロ圏にとどまるとの楽観的 な見方が広がったものの、米経済指標が失望を誘う内容だったこと から売り優勢となった。S&P500種株価指数は、月間ベースでは 昨年9月以来の大幅安となった。

S&P500種の業種別10指数ではエネルギー株が最大の下げ。 一方、ブルームバーグ米航空株指数は上昇した。原油相場が月間ベ ースで約3年ぶりの大幅安となったことが背景にある。採鉱機メー カーのジョイ・グローバルは、業績見通しの下方修正が嫌気されて 値下がり。バンク・オブ・アメリカ(BOA)をはじめ金融株は上 昇。フェイスブックは一時下げていたものの、反転した。

S&P500種株価指数は前日比0.2%安の1310.33。一時 1300を割り込む場面もあった。今月は6.3%安。ダウ工業株30種 平均は26.41ドル(0.2%)下げて12393.45ドル。

リッジワース・キャピタル・マネジメントのシニアストラテジ スト、アラン・ゲイル氏は「世界経済の成長を支える要素は減って いる」と指摘。「欧州危機をめぐる懸念の中、米国は安定化要素と しての位置付けを維持してきた。直近の指標が米経済のモメンタム (勢い)鈍化を示唆したことは、投資家を一層神経質にさせるだろ う」と述べた。

第1四半期(1-3月)の米実質国内総生産(GDP、季節調 整済み、年率)改定値は速報値から下方修正。シカゴ購買部協会が 発表した5月の製造業景況指数は前月から低下し、ここ2年余りで 最も低い水準となった。また、先週の米失業保険申請件数は前週比 で増加した。

ギリシャ世論調査

主要株価指数は一時上げる場面があった。6月に再選挙が行わ れるギリシャの世論調査で、救済反対派の急進左派連合(SYRI ZA)の支持率が2番目となった。MSCIとスタンダード・アン ド・プアーズは、ギリシャがユーロ圏を離脱することになった場合 の株式指数の算出に関する緊急対応策を発表した。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズ(シンシナティ) で147億ドル相当の資産運用に携わるピーター・ソレンティーノ氏 は「ギリシャにとっては難所だ」とし、「債務の支払いが近づいて いる。現段階では、論点は解決の方向に進んでいる。ギリシャが離 脱すれば他の欧州諸国のコストは高くつく」と続けた。

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)は、スペイン がバンキア・グループ救済のための資金を調達できなかった場合に 備え、国際通貨基金(IMF)の欧州部門がスペイン向け救済融資 に関する緊急対応計画の議論を始めたと報じた。一方IMFは、ス ペインに対して金融支援の用意はしておらず、スペインも支援は要 請していないと表明した。

エネルギー株が安い

S&P500種のエネルギー株指数は0.9%安。業種別10指数 で最大の下げとなった。原油相場の値下がりが材料視された。

ジョイ・グローバルは5.4%安の55.86ドル。同社は通期の利 益・売上高見通しを下方修正。中国の景気減速懸念が広がる中で、 鉱山会社は設備投資を減らしている。建機最大手のキャタピラーは

2.8%下落し87.62ドル。

S&P500種の業種別24指数では銀行株指数が1%上昇と、 最大の上げとなった。KBW銀行指数は1.1%高。BOAは2.1% 高の7.35ドルで、ダウ平均で値上がり率トップだった。

フェイスブックは5%高の29.60ドル。将来の利益創出への懸 念から一時は下げていた。

原題:S&P 500 Caps Worst Monthly Drop Since September on Economic Data(抜粋)

◎米国債:上昇、利回りは過去最低を更新-欧州や米成長を懸念

31日の米国債は上昇。5年、7年、10年債の利回りは過去最 低を更新した。欧州債務危機が波及しているとの懸念や第1四半期 の米実質国内総生産(GDP)改定値が速報値よりも下方修正され たことが背景にある。

国際通貨基金(IMF)がスペインの銀行問題をめぐりで対応 策を協議しているとの米報道やギリシャの世論調査で救済支持派政 党への支持が見られたことに反応し、10年債利回りの下げ幅が縮小 する場面もあった。30年債利回りは一時、2008年12月以来の水 準まで落ち込んだ。米週間失業保険申請件数が市場予想を上回り、 1日に発表される5月の米雇用統計で雇用者の伸びが予想を下回る との見方が強まった。ゴールドマン・サックス・グループは10年 債利回りの予想を引き下げた。

フェデレーテッド・インベスターズの債券市場ストラテジスト、 ジョゼフ・バレストリノ氏は、「利回りがどれほど低下するのかに ついては何とも言い難い。このような低水準はこれまでに見たこと ないからだ。究極の恐怖感というのが材料だ。理屈ではない」と述 べた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、午後3時58 分現在、10年債利回りは5bp下げて1.57%。同年債の価格(表 面利率1.75%、2022年5月償還)は15/32上昇して101 21/32。

10年債利回りは一時、過去最低の1.5309%まで低下、5年債 と7年債の利回りはそれぞれ0.63%と0.98%まで低下した。

10年債利回り1%も

セージ・アドバイザリー・サービシズ(テキサス州)のパート ナーで運用担当者のマーク・マックイーン氏は「利回りが1%をつ ける可能性もあるだろう」と述べた上で、「しばらくこのままの状 態が続いた後で、2008年の危機を繰り返さないように欧州で対応策 として資金を注入するだろうとみている」と述べた。

30年債利回りは6bp下げて2.65%。連邦準備制度理事会 (FRB)が1953年から集計したデータによると、過去最低は 2008年12月18日に記録した2.509%。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのデータによ ると、米国債のリターンは今月に入り1.6%となっている。

ゴールドマンの予想

ゴールドマンの債券戦略共同責任者フランチェスコ・ガルザレ リ氏率いるストラテジストらは31日付けのリポートで、年末の10 年債利回り見通しを2%と、従来の2.5%から下方修正した。同社 は来年末の同利回り予想も2.5%と、従来予想の3.25%から引き下 げた。

10年債利回りの相対力指数(RSI、14日間)は前日に28.5 まで低下した。30を割り込む水準は、下げが速過ぎて上昇に転じる 可能性を示唆している。

米国債は過去最も割高とされる水準に近づいていることが示唆 されている。FRBのエコノミストが開発した金融モデルに基づく タームプレミアム(期間に伴う上乗せ利回り)はマイナス0.91%と、 最も割高な水準となった。マイナスのタームプレミアムは適正水準 を下回る利回りでも投資家が積極的に受け入れていることを意味す る。

米商務省が発表した第1四半期(1-3月)のGDP改定値は 前期比1.9%増と、速報値の2.2%増から下方修正された。

また米労働省が発表した先週の新規失業保険申請件数(季節調 整済み)は、前週から1万件増加して38万3000件。ブルームバー グ・ニュースがまとめたエコノミスト予想は37万件だった。

WSJの報道

米紙ウォールストリート・ジャーナル(WSJ)はウェブサイ トで、IMFの欧州部門はスペインがバンキア・グループの救済に 必要な資金を調達できない場合の緊急対応策について協議を開始し たと報道した。

IMFによると、スペインに対しては金融支援の用意はしてお らず、スペインも支援は要請していない。IMF報道官が明らかに した。

IMFのジェリー・ライス対外関係局長は31日、ワシントン で記者団に対し、「スペインから金融支援の要請は受けていないし、 IMFもスペインに金融支援を行う計画は立てていない」と述べた。

原題:Treasury Yields Fall to Records on Europe Debt Concern, Economy(抜粋)

◎NY金:小幅反落、欧米経済の先行き警戒

ニューヨーク金先物相場は小幅反落。欧州債務危機の深刻化と 米経済成長の鈍化で金の需要が減退するとの見方が広がった。月間 ベースでは3カ月連続マイナスとなり、2000年以来の最長。

スペインは借り入れコスト上昇で、同国のラホイ政権には国際 支援要請への圧力がかかっている。スペインの救済が必要となれば、 これまでで最大規模となる。米労働省が発表した先週の新規失業保 険申請件数(季節調整済み)は、前週から1万件増加して38万 3000件となった。商品24銘柄で構成するS&PのGSCI指数は この日一時1.5%安、月間ベースでは08年10月以来の大幅下落と なる見通し。

アーチャー・フィナンシャル・サービシズの市場ストラテジス ト、アダム・クロフェンシュタイン氏(シカゴ在勤)は電話インタ ビューで、「金は典型的な商品の値動きを示しており、商品全般と ともに下落している」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先 物8月限は前日比0.1%安の1オンス=1564.20ドルで終了。今月 は6%安と、下落率は年初来最大となった。

原題:Gold Caps Longest Monthly Slump in 11 Years on Europe Debt Woes(抜粋)

◎NY原油:続落、経済見通し不透明-月間では3年ぶり大幅安

ニューヨーク原油先物相場は続落。米経済成長の減速や欧州債 務危機で燃料需要が落ち込むとの見方が強まった。月間ベースでは 約3年ぶりの大幅安となった。

米国の経済指標では、先週の新規失業保険申請件数が前週から 増加したほか、実質国内総生産(GDP)改定値は伸び率が速報値 から下方修正された。格付け会社フィッチ・レーティングスはスペ インの8つの自治州の格付けを引き下げた。これを背景に同国が救 済を余儀なくされるとの懸念が広がった。米国の原油在庫は22年 ぶりの高水準となった。

マニュライフ・アセット・マネジメント(ボストン)のシニア マネジングディレクター、チップ・ホッジ氏は「経済に関する不安 が市場を動かしているのは確実だ」と指摘。「経済成長は減速しつ つあることが示されたほか、欧州の状況は引き続き悪化している。 経済の向かい風は非常に強い」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は前 日比1.29ドル(1.47%)安の1バレル=86.53ドルで終了。終値 では昨年10月20日以来の安値となった。月間では17%安と、08 年12月以来の大幅下落。

原題:Oil Caps Biggest Monthly Drop in Three Years on Economic Outlook(抜粋)

◎欧州株:下落、米経済データを警戒-月ベースは8月来の大幅安

31日の欧州株式相場は下落。この日発表された米経済統計で先 週の失業保険申請件数が増えたほか、5月のシカゴ地区製造業活動 の拡大ぺースが鈍化したことが材料視された。ストックス欧州600 指数は月間ベースで昨年8月以来の大幅安となった。

配電施設を手掛けるスイスのABBは2.9%下落。傘下の低電 圧機器部門責任者が中国とイタリアからの需要低迷を指摘したこと が売り材料。中国景気の鈍化懸念から、スイスのセメントメーカー、 ホルシムなど建設株は軟調となった。

一方、英蘭系コンピューターサービスのロジカは大幅高。17億 ポンドでカナダのCGIグループに身売りすることで合意したこと がきっかけ。

ストックス欧州600指数は前日比0.4%安の239.73で終了。 一時は0.7%上昇した。前月末比では7%下げた。ギリシャのユー ロ離脱懸念の高まりや、スペインの借り入れコスト上昇が背景にあ る。

PFAペンションのシニアストラテジスト、ウィトルド・バー ク氏(コペンハーゲン在勤)は「突発的なニュースに極端に左右さ れる取引となっており、政治家や欧州中央銀行(ECB)が強硬な 姿勢を保つ限り続くだろう」と述べた。

この日の西欧株式市場では、英国とフランス、ギリシャ、オー ストリアを除く14カ国で主要株価指数が下落した。

原題:European Stocks Fall as U.S. Jobless Claims Rise, Growth Slows(抜粋)

◎欧州債:ドイツ債上昇、10年債利回り初の1.2%割れ-英債堅調

31日の欧州債市場ではドイツ国債が上昇し、10年債利回りが 初めて1.2%を割り込んだ。欧州金融不安が世界景気に影響を及ぼ すとの兆候を背景に、域内で最も安全とされる同国債の需要が高ま った。

フランスとオランダ、オーストリア、フィンランドの10年債 利回りも過去最低を記録した。1-3月(第1四半期)の米経済成 長率が速報値から下方修正されたことが手掛かり。アイルランド国 債は軟調。同国では欧州連合(EU)の新財政協定の批准の是非を 問う国民投票が実施されている。

ドイツ10年債利回りは5月に約0.5ポイント低下した。ギリ シャ政局の行き詰まりや、スペインが国内3位の銀行を一部国有化 したためだ。

ロイズ・バンキング・グループの債券ストラテジスト、エリッ ク・ワンド氏(ロンドン在勤)は「リスクオフのセンチメントがド イツ国債を支え、準中核国の国債にもこうした動きが波及しつつあ る」と述べ、「ドイツ国債の利回りが過去最低にあることから、投 資家らはフランスやオーストリアなどに代替投資先を模索する可能 性がある」と続けた。

ロンドン時間午後5時現在、ドイツ10年債利回りは前日比7 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)低下の1.2%。一時は 過去最低となる1.199%まで達した。同国債(表面利率1.75%、 2022年7月償還)の価格は0.66上昇の105.185。月初来では 46bp下げた。

2年債利回りは2日連続でゼロまで下げたほか、30年債利回り は8bp低下し1.738%と、これまでの最低となった。

フランス10年債利回りは前日比13bp低下の2.36%。一時 は2.331%まで下げた。オーストリア10年債利回りは2.107%、 オランダ10年債利回りは1.611%、同年限のフィランド債利回り は1.492%までそれぞれ低下する場面もあった。

英国債

英国債市場では10年債が上昇。同利回りは前日比8bp低下 し1.57%。一時は1.563%を付けた。同国債(表面利率4%、 2022年3月償還)価格は0.775上げ121.915。2年債利回りは 3bp下げ0.23%となった。

原題:German 10-Year Bund Yield Drops Below

1.2%; French Bonds Advance(抜粋) Pound Drops Against Euro, Dollar as Financial Turmoil Deepens(抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 楽山 麻理子 Mariko Rakuyama +1-212-617-4903 mrakuyama@bloomberg.net Editor: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net Editor: Tsuneo Yamahiro 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE