コンテンツにスキップする

バーゼル銀行委、国内システム上で重要な銀行の規制強化へ

世界の銀行監督当局は今年、破綻す れば各国の国内経済を損ねる銀行の自己資本規制と監督を強化する取り 決めを目指す。シンガポール通貨庁(MAS、中央銀行に相当)のテオ 副長官が明らかにした。

同副長官は電子メールで、バーゼル銀行監督委員会が破綻時に国内 の金融システムに重大な影響を与える銀行を特定する準備を進め、そう した破綻への対応で活用すべき「政策手段の可能性」について議論して いると説明した。

原題:National Systemic Banks to Face Core Capital Rules in Basel Plan(抜粋)

--取材協力:Sanat Vallikappen.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE