5月英消費者信頼感指数:4カ月ぶりに上昇-GfK・NOP

英国の5月の消費者信頼感指数は4 カ月ぶりの上昇となった。景気見通しに楽観的な見方が強まったほか、 インフレ鈍化で消費者への圧力が和らいだ。英調査会社GfK・NOP が明らかにした。

同社が電子メールで31日発表した5月の消費者信頼感指数はマイナ ス29と、前月のマイナス31から2ポイント改善した。向こう1年間の景 気見通しを示す指数は7ポイント上昇しマイナス26。

GfKソーシャル・リサーチのマネジングディレクター、ニック・ ムーン氏は発表資料で「今回の上昇は確かに明るい材料だが、消費者信 頼感指数は約1年半にわたって大幅なマイナス圏で推移しており、いま だ抜け出せずにいる」と指摘。「将来の景気見通しを示す指数は改善し ているものの、依然として前年同月の水準を大きく下回っている」と述 べた。

過去1年間の景況感を示す指数は1ポイント低下しマイナス58。大 きな買い物に適した時期かどうかを表す指数は2ポイント低下のマイナ ス32と、7カ月ぶり低水準となった。向こう1年間の個人の財務状況の 見通しを示す指数は4ポイント上昇してマイナス9となった。GfKは 今月4-13日に1998人を対象に調査を行った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE