コンテンツにスキップする

5月30日の海外株式・債券・為替・商品市場

欧米市場の株式、債券、為替、商品相場は次 の通り。

◎NY外為:ユーロが対ドル2年ぶり安値、スペインの銀行不安で

ニューヨーク外国為替市場では、ユーロがドルに対して約2年ぶり 安値に下げた。資金難に陥ったスペイン国内銀行の救済は調整が難航し ており、欧州債務危機拡大への不安が高まった。

ユーロは対円で7営業日続落。過去4カ月間で最も長い連続安とな った。この日のイタリア国債入札は、発行額が目標上限を下回った。投 資家が安全資産を求める動きが強まり、円とドルは上昇。ユーロ圏の5 月の消費者信頼感指数が予想以上に悪化したことが背景にある。アジア 諸国の通貨は売りが膨らみ、ブルームバーグ・JPモルガン・アジア通 貨指数は2010年9月以来の低水準に押し下げられた。

ソシエテ・ジェネラルの法人為替営業ディレクター、カール・フォ チェスキ氏(ニューヨーク在勤)は「市場はユーロに対する信認を失っ た」とし、「若干売られ過ぎの感もあるが、先行きは非常に明快 で、1.20ドルもしくは2010年に付けた安値の1.1876ドルを試す展開にな る可能性がある。投資家は非常に守りの堅い取引を続けるだろう」と述 べた。

ニューヨーク時間午後3時7分現在、ユーロはドルに対して前日比 1%安の1ユーロ=1.2377ドル。円に対しては1.5%安の97円93銭。一 時97円76銭と、1月18日以来の安値に下げた。円は対ドルで0.5%高の 1ドル=79円08銭。一時、78円87銭と2月17日以来の高値を付ける場面 もあった。

この日のユーロは2010年7月以来の安値。10年6月には4年ぶり安 値の1.1877ドルまで下げていた。ユーロは1999年に導入された後、対ド ルで2000年に最安値の82.30米セント、2008年7月に最高値の1.6038ド ルを付けた。

下方スパイラルも

ユーロは対ドルで月初から6.4%値下がりし、昨年9月以来の大幅 な下げとなっている。円に対しては7.4%下落した。

この日の欧州債市場では、ドイツ2年債の利回りが初めてゼロを付 ける場面があった。ユーロ導入後の平均利回りは2.79%。

ラボバンク・インターナショナル(ロンドン)のシニア為替ストラ テジスト、ジェーン・フォリー氏は「ユーロはさらに下げる可能性があ る。1.20ドル台に向かうだろう」とし、「問題は、下方リスクが下方ス パイラルになってしまうのかどうかだ」と述べた。

欧州連合(EU)の行政執行機関、欧州委員会は経営難の銀行に対 するユーロ圏基金からの直接支援を呼び掛けた。またユーロ圏共同債の 発行を支持し、スペインをも脅かしつつある債務危機への対策を提言し た。

スペインの銀行増資

欧州委は恒久的な救済基金である欧州安定化メカニズム(ESM) が各国の政府を通さず銀行に直接資金を注入することを提案、スペイン 政府に同調した。さらに、同国の財政赤字削減の達成期限について延長 を提案する姿勢を見せている。

ウエストパックのシニア為替ストラテジスト、リチャード・フラヌ ロビッチ氏(ニューヨーク在勤)は「ギリシャ情勢とその再選挙をめぐ るセンチメントに注目が集まっていたが、今は完全に脇に押しやられ、 スペインに関する懸念が取って代わった。欧州はあまりに広大で、政策 協調に欠けていることが問題だ」と指摘した。

ブルームバーグ相関加重通貨指数によると、ユーロは先進9カ国の 通貨に対して年初来2.2%下落。ドルは2.8%上昇。円は0.1%下落し た。

この日の円は主要16通貨の全てに対して少なくとも0.5%上昇。イ タリア国債利回りが上昇したほか、ユーロ圏の消費者信頼感指数が大幅 に悪化し、最も安全な資産とみなされる円が買い進まれた。

原題:Euro Falls to 2-Year Low Against Dollar on Spanish Bank Concern(抜粋)

◎米国株:反落、中古住宅販売成約を嫌気ー欧州危機めぐる懸念も重し

米株式相場は反落。中古住宅販売成約指数が期待外れの内容だった ことが嫌気された。またギリシャのユーロ圏離脱懸念およびスペインの 銀行の健全性への不安も強まった。S&P500種株価指数は、このまま いけば月間ベースでは昨年9月以来の大幅安となる。

S&Pの住宅建設株指数は4.9%安。百貨店のシアーズ・ホールデ ィングスをはじめ小売株も安い。カナダのリサーチ・イン・モーション (RIM)は大幅安。営業損益の赤字見通しや戦略的選択肢について助 言を得るため金融機関をアドバイザーに起用したと発表したことが嫌気 された。フェイスブックも値下がり。新規株式上場(IPO)以 降、26%下落している。

S&P500種株価指数は前日比1.4%安の1313.32。ダウ工業株30種 平均は160.83ドル(1.3%)下げて12419.86ドル。米国株オプションの 指標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指 数(VIX)は15%上昇し、24.14。

ベアリング・アセット・マネジメントで運用に携わるヘイズ・ミラ ー氏は「市場には強い不安感が広がっている」とし、「欧州債務危機は 終息には程遠い。米国では住宅市場が安定すれば消費は拡大し得るとエ コノミストは分析しているが、問題はどうすれば住宅市場が安定するの かということだ」と続けた。

この日は世界的に株価が下落。一方で米国債市場では10年債利回り が過去最低となり、ユーロは対ドルで2年ぶり安値を付けた。全米不動 産業者協会(NAR)が発表した4月の中古住宅販売成約指数(季節調 整後)は1年ぶりの大幅低下となった。ギリシャの世論調査では、国民 が国際的な金融支援の条件見直しを望んでいることが明らかになった。

スペイン債

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、スペイン 国債を保証するコストが過去最高となった。欧州中央銀行(ECB) は、スペインの銀行バンキアの資本増強について、同国政府が示した計 画を拒否したとの報道を否定、スペイン政府から相談を受けてはいない と説明した。スペイン政府はバンキアの親会社に国債を注入する案を取 り下げた。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、バンキアがその 国債を担保にECBから借り入れることができると報じていた。

欧州債務危機への懸念から、S&P500種は今月これまで6.1%安と なっている。金融、素材、テクノロジー株の下げが目立つ。同指数はこ のままいけば2カ月連続での下落となる。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズ約147億ドル相当の資 産運用に携わるマデリン・マトロック氏は「市場に広がっているのは、 欧州情勢の今後の展開をめぐる懸念、そして欧州が現段階でこの問題を 解決する能力を備えているのかという不安感だ」と述べた。

小売株、フェイスブック

この日S&P500種の業種別10指数では、素材、金融、産業の各指 数が最も下げた。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は3.2%安の7.20 ドル。アルミ生産で米最大手のアルコアは3.5%下落の8.58ドル。建機 最大手キャタピラーは2.5%下げて90.18ドル。景気敏感株で構成するモ ルガン・スタンレー・シクリカル指数は2.5%安。住宅建設のレナー・ グループは6.7%下落し、26.82ドル。

S&P500種の小売株指数は1.6%安。構成する32銘柄中30銘柄が下 げた。米国際ショッピングセンター評議会(ICSC)はこの日、月間 の既存店売上高の予想を2%増とし、従来予想の3%増から下方修正し た。シアーズは9%安の52.34ドル。コールズは3.6%下げた。

RIMは7.8%安の10.35ドルと、2003年以来の安値となった。

フェイスブックは2.3%安の28.19ドル。前日に上場来初の30ドル割 れとなったが、この日も下げが続いた。同社株はさらに20%下落すれ ば、インターネット業界の競合企業とバリュエーション(株価評価)で 並ぶことになる。

原題:U.S. Stocks Tumble on Europe Concern as Housing Data Disappoints(抜粋)

◎米国債:10年債利回りが過去最低、欧州懸念で強まる安全志向

30日の米国債は10年債利回りが過去最低を更新。欧州の信用環境が 悪化、投資家は米国債に安全性を求めた。

10年債利回りは1.6085%と、昨年9月23日に記録したこれまでの最 低1.6714%を下回った。スペインが国内銀行の資本増強で苦戦している ほか、イタリア債下落も影響した。イタリア債は入札の発行額が目標上 限を下回ったことを手掛かりに下げた。

バークレイズの金利戦略共同責任者マイケル・ポンド氏は、「今も 続く米国債の上昇は質への逃避を表しており、米国債以外に安全とされ る資産があまりないことから余計に買いを集めている」と述べ、「欧州 情勢に進展が見られないことから米国債市場では不安が広がっている」 と続けた。

ブルームバーグ・ボンド・トレーダーによると、午後4時27分現 在、10年債利回りは前日比13ベーシスポイント(bp、1bp =0.01%)下げて1.61%。同年債の価格(表面利率1.75%、2022年5月 償還)は1 7/32上昇して101 9/32。

リターン目当てではない

米10年債利回りはドイツやオーストラリアなど上位格付けのソブリ ン債の平均利回りより22bp高い。ドイツの2年債利回りは一時ゼロま で落ち込んだ。米2年債利回りは0.27%となっている。

米ブラックロックの債券責任者、ピーター・フィッシャー氏は「投 資家は安全性の高い資産への投資を望んでいる」と述べ、「リターンを 目当てに米国債やドイツ債のどちらかを購入しているわけではない」と 続けた。

米10年債利回りは金融危機が深刻化する前の2007年6月には5.3% をつけていた。過去20年間の利回り平均値は4.96%となっている。バン ク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチのデータによると、米国債 の3月末からこれまでのリターンは2.6%。昨年は9.8%だった。

恐怖感が材料に

FTNファイナンシャルのチーフエコノミスト、クリス・ロー氏に よると、10年債利回りは1.5%まで低下する可能性がある。同氏は「こ の日の動きは変動が大きく、そのほぼすべてが恐怖感に突き動かされた ものだった」と指摘、「欧州では危機対応をめぐる動きが加速している が、同時に欧州指導者は解決策をめぐって急速に手詰まり状態に陥りつ つあるように見える」と述べた。

10年債と同年限インフレ連動債(TIPS)の利回り格差は2.06ポ イントと、5月17日以来の最小となった。

利回り格差

2年債と30年債の利回り格差は2.45ポイントと、2009年1月以来の 最小に縮小した。

バークレイズのポンド氏は、「投資家は利回りを求めて償還期限の 長い国債にも手を伸ばしている」と述べ、「これが通常の質への逃避な らば償還期限の短い国債に買いが集中していたことだろう」と分析す る。

10年債利回りは5月18日の週まで9週連続で低下。これは1998年以 降で最長となる。10年債が前回9週続伸となったのは1998年10月2日終 了週までの9週間。当時はアジア各国の通貨下落やロシアのデフォルト (債務不履行)、ロングターム・キャピタル・マネジメント (LTCM)の破綻で安全を求める動きが強まった。

FRBのデータによると、プライマリーディーラー(政府証券公認 ディーラー)の米国債保有額は16日時点で1080億ドルと、過去最大とな った。

米国債は過去最も割高とされる水準に近づいていることが示唆され ている。FRBのエコノミストが開発した金融モデルに基づくタームプ レミアム(期間に伴う上乗せ利回り)はマイナス0.85%と、最も割高な 水準となっている。マイナスのタームプレミアムは適正水準を下回る利 回りでも投資家が積極的に受け入れていることを意味する。

原題:Treasury Yields Tumble to Records as Europe Spurs Refuge Demand(抜粋)

◎NY金:反発、18日以来の大幅上昇-欧州債務危機で逃避需要強まる

ニューヨーク金先物相場は反発。欧州債務危機をめぐる不安の高ま りから、資金逃避目的の買いが入った。

スペイン国債を保証するコストは過去最高となった。同国は経営難 に陥った銀行の救済に苦慮している。欧州連合(EU)はイタリアにつ いて、高水準の政府債務と低い成長率によって域内ソブリン債危機に対 し一段と脆弱(ぜいじゃく)になっているとの認識を示した。この日は 世界的に株式相場が下落。ユーロは対ドルで値下がりした。

RJオブライアン・アンド・アソシエーツのシニア商品ブローカ ー、フィル・ストライブル氏(シカゴ在勤)は電話インタビューで、 「金には質への逃避が見られる」と指摘。「資産保存の手段として金の ような実体的なものが求められている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)COMEX部門の金先物8 月限は前日比0.9%高の1オンス=1565.70ドルで終了。中心限月として は18日以来の大幅上昇となった。

◎NY原油:続落、7カ月ぶり安値-在庫増見通しやユーロ安で

ニューヨーク原油先物相場は続落。7カ月ぶりの安値となった。米 国の原油在庫が大幅に増加するとの見通しが重しになった。スペインの 債務危機をめぐる不安からユーロが下落したことも原油の売りにつなが った。

ロンドン市場では北海ブレント原油が今年初めてバレル当たり103 ドルを割り込んだ。ブルームバーグがまとめたアナリスト調査による と、米エネルギー省が31日発表する先週の原油在庫は100万バレル増加 の3億8350万バレルと予想されている。

トラディション・エナジー(コネティカット州スタンフォード)の 市場調査ディレクター、アディソン・アームストロング氏は「在庫は新 たに100万バレル積み上がり、22年ぶり高水準になると予想されてい る」と指摘。「在庫水準が高いことや経済の弱さを考慮すれば、原油が 安値で取引されるのも当然だ。ドルの堅調な地合いは続くと見込まれ、 それが原油を圧迫し続けるだろう」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は前日 比2.94ドル(3.24%)安の1バレル=87.82ドルで終了。終値では昨 年10月21日以来の安値となった。

◎欧州株:1週ぶり大幅安、スペイン銀行不安やイタリア入札が不調

30日の欧州株式相場は1週間ぶりの大幅安となった。イタリアの入 札で発行額が目標上限を下回ったことが悪材料。スペインが銀行システ ムを支える取り組みで困難に直面しているほか、ギリシャの世論調査が 歳出削減に反対する政党への支持の高まりを示したことなども響いた。

ドイツの化学会社、BASFは2%安。同国紙フランクフルター・ アルゲマイネ(FAZ)は、BASFはアジアで期待していたような勢 いを見いだせていないと報じた。銅相場の下落を背景に、鉱山大手の BHPビリトンとリオ・ティントが売られた。ロイヤル・ダッチ・シェ ルも安い。原油相場が7カ月ぶり安値まで落ち込んだことに反応した。

ストックス欧州600指数は前日比1.5%安の240.56で終了。3月16日 に付けた年初来高値を12%下回る水準となった。

SAMサステイナブル・アセット・マネジメントで運用に携わるカ イ・ファシンガー氏(チューリヒ在勤)は「イタリアの国債入札での利 回り上昇は、ギリシャのユーロ離脱の公算が大きくなったことやスペイ ンの銀行問題からの圧力の高まりを受けて市場が神経質になっているこ とを示している」と語った。

この日の西欧株式市場では、18カ国全てで主要株価指数が下落し た。ギリシャのアテネ総合指数は3.2%下げた。

原題:European Stocks Decline Amid Concern Debt Crisis Is Deepening(抜粋)

◎欧州債:伊国債利回り4カ月ぶり高水準、リスク回避-英国債堅調

30日の欧州債市場ではイタリア国債が下落し、10年債利回りが 4カ月ぶり高水準となった。この日の5年債と10年債入札で発行額 は目標上限を下回った。欧州債務危機が同国債への需要を減退させて いるとの懸念が高まった。

ドイツ国債は上昇し、2年債の利回りは初めてゼロとなった。5 年、10年、30年債利回りも過去最低を付けた。この日発表された5 月のユーロ圏景況感指数は2年半ぶりの低水準だった。スペイン債も 下落し5年債利回りは昨年11月以来で初めて6%を突破した。スペ イン銀行(中央銀行)のオルドニェス総裁は、同国の銀行バンキアの 国有化をめぐる批判の中で、任期満了よりも1カ月早く退任すること になった。

バンク・オブ・アメリカ(BOA)メリルリンチの債券ストラテ ジスト、ジョン・レイス氏は「投資家はこれらの国の債券の購入をま すます手控えるようになっている」と指摘。「イタリアの入札は何と か消化したという形だった。スペインで見られる状況や今後の展開を めぐる現在の不安を反映したものだ。事態が自然に改善することはな いだろう」と語った。

ロンドン時間午後5時現在、イタリア10年債利回りは前日比17 ベーシスポイント(bp、1bp=0.01%)上昇の5.93%。一時は

6.01%と、1月31日以来の最高に達した。同国債(表面利率5%、 2022年3月償還)の価格は、1.155下落の93.755。5年債利回 りは42bp上昇の5.68%を付けた後、5.56%となった。

イタリア政府が実施した入札での発行額は計57億3000万ユー ロと目標上限の62億5000万ユーロを下回った。

ドイツ10年債利回りは9bp低下し1.27%。一時は1.261% と、ブルームバーグが1989年にデータ集計を開始して以来の最低を 記録した。2年債利回りは一時ゼロとなり、5年債は0.362%、30 年債は1.802%まで下げた。

スペイン10年債利回りは21bp上昇の6.66%。昨年11月 28日以来の水準となる6.70%まで上昇する場面もあった。2年債は 50bp上昇し5.13%。5年債は日中取引の最高となる6.21%に達 した。10年債利回りのドイツ債との格差は一時、ユーロ導入来で最大 の5.41ポイントとなった。

英国債

英国債相場は上昇。10年債利回りは前日比13bp低下し

1.65%。一時は1.637%と、ブルームバーグによるデータ集計が始 まった1989年以来で最低となった。同国債(表面利率4%、2022 年3月償還)価格は1.305上げ121.145。

英5年債利回りも0.659%まで下げ最低を更新した。

原題:Italy, Spain Bonds Slump as Crisis Punctures Demand; Bunds Jump(抜粋) Pound Slides to 4-Month Low Versus Dollar on Europe; Gilts Jump (抜粋)

ニューヨーク・ニューズルーム   1-212-617-3007

参考画面: 記事に関する記者への問い合わせ先: ニューヨーク 千葉 茂 Shigeru Chiba +1-212-617-3007 schiba4@bloomberg.net 記事に関するエディターへの問い合わせ先: 東京 大久保 義人 Yoshito Okubo +81-3-3201-3651 okubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE