コンテンツにスキップする

NY銅:一時年初来最安値-欧州危機と中国の景気対策を懸念

30日のニューヨーク銅先物相場は、 スペインの信用格付け引き下げを受けて欧州の債務危機が世界経済を鈍 化させるとの懸念が強まり、一時、年初来の最安値に下落した。

米格付け会社イーガン・ジョーンズ・レーティングスは29日、スペ インの経済見通しの悪化を理由に同国のソブリン信用格付けを引き下げ た。また、新華社通信によれば、世界最大の金属消費国である中国 が2008年に実施したような大規模な景気刺激策は講じないと報じたこと も銅相場を押し下げた。5月の銅相場の月間値下がり率はこれまで に11%に達しており、昨年9月以来の大きさになる可能性がある。

INTL・FCストーン(ニューヨーク)のアナリスト、エドワー ド・メイア氏は、「再び、欧州をめぐる懸念が市場を神経質にした」と リポートで指摘。「欧州の政策当局が一体となって何らかの安心できる シグナルを発するまでは市場のネガティブな地合いに大きな変化はない とみている」と述べた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 7月限は前日比2.1%安の1ポンド=3.39ドル。一時は昨年12月29日以 来の低水準となる3.3725ポンドまで下落した。

原題:Copper Drops to 2012 Low as Europe Woes Dim Demand Prospects(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE