米国株:反落、中古住宅販売成約を嫌気ー欧州危機懸念も重し

更新日時

米株式相場は反落。中古住宅販売成 約指数が期待外れの内容だったことが嫌気された。またギリシャのユー ロ圏離脱懸念およびスペインの銀行の健全性への不安も強まった。S& P500種株価指数は、このままいけば月間ベースでは昨年9月以来の大 幅安となる。

S&Pの住宅建設株指数は4.9%安。百貨店のシアーズ・ホールデ ィングスをはじめ小売株も安い。カナダのリサーチ・イン・モーション (RIM)は大幅安。営業損益の赤字見通しや戦略的選択肢について助 言を得るため金融機関をアドバイザーに起用したと発表したことが嫌気 された。フェイスブックも値下がり。新規株式上場(IPO)以 降、26%下落している。

S&P500種株価指数は前日比1.4%安の1313.32。ダウ工業株30種 平均は160.83ドル(1.3%)下げて12419.86ドル。米国株オプションの 指標であるシカゴ・オプション取引所(CBOE)のボラティリティ指 数(VIX)は15%上昇し、24.14。

ベアリング・アセット・マネジメントで運用に携わるヘイズ・ミラ ー氏は「市場には強い不安感が広がっている」とし、「欧州債務危機は 終息には程遠い。米国では住宅市場が安定すれば消費は拡大し得るとエ コノミストは分析しているが、問題はどうすれば住宅市場が安定するの かということだ」と続けた。

この日は世界的に株価が下落。一方で米国債市場では10年債利回り が過去最低となり、ユーロは対ドルで2年ぶり安値を付けた。全米不動 産業者協会(NAR)が発表した4月の中古住宅販売成約指数(季節調 整後)は1年ぶりの大幅低下となった。ギリシャの世論調査では、国民 が国際的な金融支援の条件見直しを望んでいることが明らかになった。

スペイン債

クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)市場では、スペイン 国債を保証するコストが過去最高となった。欧州中央銀行(ECB) は、スペインの銀行バンキアの資本増強について、同国政府が示した計 画を拒否したとの報道を否定、スペイン政府から相談を受けてはいない と説明した。スペイン政府はバンキアの親会社に国債を注入する案を取 り下げた。英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、バンキアがその 国債を担保にECBから借り入れることができると報じていた。

欧州債務危機への懸念から、S&P500種は今月これまで6.1%安と なっている。金融、素材、テクノロジー株の下げが目立つ。同指数はこ のままいけば2カ月連続での下落となる。

ハンティントン・アセット・アドバイザーズ約147億ドル相当の資 産運用に携わるマデリン・マトロック氏は「市場に広がっているのは、 欧州情勢の今後の展開をめぐる懸念、そして欧州が現段階でこの問題を 解決する能力を備えているのかという不安感だ」と述べた。

小売株、フェイスブック

この日S&P500種の業種別10指数では、素材、金融、産業の各指 数が最も下げた。バンク・オブ・アメリカ(BOA)は3.2%安の7.20 ドル。アルミ生産で米最大手のアルコアは3.5%下落の8.58ドル。建機 最大手キャタピラーは2.5%下げて90.18ドル。景気敏感株で構成するモ ルガン・スタンレー・シクリカル指数は2.5%安。住宅建設のレナー・ グループは6.7%下落し、26.82ドル。

S&P500種の小売株指数は1.6%安。構成する32銘柄中30銘柄が下 げた。米国際ショッピングセンター評議会(ICSC)はこの日、月間 の既存店売上高の予想を2%増とし、従来予想の3%増から下方修正し た。シアーズは9%安の52.34ドル。コールズは3.6%下げた。

RIMは7.8%安の10.35ドルと、2003年以来の安値となった。

フェイスブックは2.3%安の28.19ドル。前日に上場来初の30ドル割 れとなったが、この日も下げが続いた。同社株はさらに20%下落すれ ば、インターネット業界の競合企業とバリュエーション(株価評価)で 並ぶことになる。

原題:U.S. Stocks Tumble on Europe Concern as Housing Data Disappoints(抜粋)

--取材協力:Peter Levring、Cecile Daurat.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE