コンテンツにスキップする

ギリシャ:国内銀へ資本注入で機能維持、9月に増資完了へ

ギリシャ金融安定基金(HFSF) の責任者、パナヨティス・トモプロス氏は、今週実施した国内4大銀行 に対する計180億ユーロ(約1兆8000億円)の注入により、銀行システ ムは通常通りに機能し預金が保護されるとの見方を示した。

トモプロス氏によれば、9月に資金増強を完了するため、銀行は8 月末までに、人員削減や支店閉鎖をはじめとする包括的な再編計画を HFSFに提出しなければならない。また、国有のHFSFによる支援 コストなど最終条件は、ギリシャの政権樹立後に閣議で決定しなければ ならないと付け加えた。

同氏は30日、アテネで記者団に対し「ギリシャ経済は深刻な危機に 見舞われており、銀行システムが通常通りに機能しなければ事態はさら に悪化する恐れがある」と指摘。「9月に銀行資本を増強することで、 金融システムに安定期がもたらされるだろう」と述べた。

原題:Greek Bank Recap Secures Normal Operation, Fund Chief Says (1)(抜粋)

--取材協力:Maria Petrakis.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE