スペイン貯蓄銀CAM、支援獲得でEU承認得る-身売り前に

経営破綻し、サバデル銀行に買収さ れることになっているスペインの貯蓄銀行カハ・デ・アオロス・デル・ メディテラネオ(CAM)は、事業再編のための政府支援について欧州 連合(EU)の承認を得た。

EUの行政執行機関である欧州委員会は30日、スペインの銀行救済 ファシリティーによる24億ユーロ(約2300億円)の資本注入、および同 行の損失を肩代わりする10年間の政府保証を承認した。欧州委はこの保 証を政府からCAMに対する最大82億ユーロの補助金と位置付けてい る。

サバデル銀行は昨年12月、CAMを1ユーロで買収することで合意 した。CAMは不動産ローンの焦げ付きで経営が悪化し、昨年7月にス ペイン銀行(中央銀行)の管理下に置かれた。

欧州委は「CAMが独立事業体として市場から消え銀行事業がサバ デル銀行に売却されること、さらに想定されている大規模なリストラに よって、継続した国の支援なしに長期的な存続が可能になるだろう」と の見通しを示した。

原題:Spanish Lender CAM Wins EU Approval for Rescue Aid Ahead of Sale(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE