コンテンツにスキップする

ロムニー氏の米共和党大統領候補、ほぼ確定-テキサス州勝利

米テキサス州で29日行われた大統領 選挙の共和党予備選で、ロムニー前マサチューセッツ州知事が勝利し た。今回の勝利により同氏は候補指名に必要な代議員数を大幅に上回 り、指名がほぼ確定した。

AP通信の集計では、ロムニー候補はテキサス州予備選前の時点 で1086の代議員数を獲得しており、指名が確定する1144まであと58とし ていた。APによると、テキサス州の代議員数は152で、ロムニー氏の 得票率に基づくとこのうち少なくとも88の代議員数を獲得、計1174とな った。

開票率19%時点で、ロムニー候補の得票率は71%。次いでテキサス 州出身のポール下院議員が10%、サントラム元上院議員が7%、ギング リッチ元下院議長が5%などとなっている。

ロムニー候補は選挙事務所を通じて声明を発表、「共和党はこれま で3年半の失敗を過去のものとするため一つになってきた」と述べ、 「われわれは米国が完全雇用と繁栄の軌道に戻るまで妥協することはな い」と訴えた。

共和党は8月27-30日にフロリダ州タンパで開く党大会で、ロムニ ー氏を同党大統領候補に正式指名する。それまでに同氏がしなければな らない重要な仕事の1つは、副大統領候補を選ぶことだ。

--取材協力:Greg Giroux.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE