コンテンツにスキップする

オリンパス株が大幅高、資本提携先を絞り交渉中との報道で-東京市場

オリンパス株が大幅高となり、4カ 月ぶりの日中上昇率を記録。数百億円の出資を受ける資本提携の相手を 絞り、交渉中との報道が手掛かり。

オリンパス株は一時、前日比9.3%高の1276円を付け、1月23日に 記録した9.6%以来の日中上昇率となった。午前10時55分現在は5.7%高 で推移しており、値上がり率は時価総額500億円以上の国内上場株で2 位。

30日付朝日新聞朝刊は、同社が数百億円の出資を目指し、ソニーと パナソニックに絞り交渉中と報道。6月末にもどちらかを選ぶ、とし た。またグループ従業員を約2500人削減し、自己資本比率を16-20%に 引き上げる、といった内容の経営計画の骨子も報じた。

いちよしアセットマネジメントの秋野充成執行役員は「新しい資本 が入ればガバナンスが強化されるという点が好感された」と指摘。人員 削減などについても「株価にはプラス」と述べた。

オリンパスとソニー、パナソニックの広報担当者は「当社が発表し たものではない」と述べた。

オリンパスの資本提携をめぐっては、富士フイルムホールディング スとテルモも出資を提案していることが判明している。富士フイルムの 広報担当、伊藤瑞姫氏は「提案を行ってから進展はない。交渉が終わっ たとも認識していない」と述べた。

--取材協力:. Editors: 室谷哲毅, 駅義則

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE