独メルセデス、ブラジル工場で1500人をレイオフへ-生産減で

ドイツの自動車メーカー、ダイムラ ーの「メルセデス・ベンツ」部門は、ブラジル国内で従業員1500人をレ イオフする。販売減少に伴う生産調整で、レイオフの期間は5カ月間。

29日に電子メールで配布された発表資料によれば、レイオフされる のはサンベルナルド・ド・カンポの工場の従業員。ブラジル自動車販売 業者連盟(Fenabrave)のデータに基づくと、同工場は約1 万4000人の従業員を抱える。ブラジル国内トラック・バス市場での同社 シェアは25.5%に上る。ダイムラーのウェブサイトによると、サンベル ナルド・ド・カンポの工場はドイツ国外では同社最大の生産施設。

メルセデスは発表資料で、トラックとバスの販売減から「生産調整 を余儀なくされた」と指摘。従業員が必要以上に多いことがレイオフに つながったと説明した。

原題:Mercedes Laying Off 1,500 Workers in Brazil as Sales Fall (1)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE