ギリシャ国民の77%は救済条件見直し望む-最新世論調査

大半のギリシャ国民が国際的な金融 支援の条件見直しを望んでいることが、最新世論調査で分かった。6 月17日には2回目の総選挙が実施される。

メガTVの委託でGPOが1600人を対象に実施した調査による と、10人中8人近くに相当する77%は、支援条件が見直されるべきだと 回答した。国民の81%はユーロ圏への残留を望んでいることも分かっ た。調査結果はメガTVが伝えた。

半数を上回る52.4%は、救済策に伴う現行の緊縮策受け入れを強要 されてもユーロ圏にとどまるべきだと回答したが、44.5%はそうすべき ではないと答えた。ユーロ離脱の可能性については、低いとした人 が48%、高いとした人が45%で、意見が割れていることが浮き彫りにな った。

原題:Greek Opinion Poll Shows Majority Want to Revise Bailout Terms(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE