コンテンツにスキップする

印タタ・モーターズ:1-3月は大幅増益、予想上回る

インド最大の自動車メーカー、タ タ・モーターズの1-3月(第4四半期)決算は、利益がアナリスト予 想を上回った。高級車部門ジャガー・ランドローバーのコンパクトなス ポーツ型多目的車(SUV)「イヴォーク」の需要が貢献した。

29日の同社発表によれば、純利益は前年同期の倍以上に増加 し、623億ルピー(約890億円)と過去最高。ブルームバーグがまとめた アナリスト40人の予想平均は382億ルピーだった。売上高は5061億ルピ ーと、前年同期の3515億ルピーから増加した。

ジャガー・ランドローバー部門の売上高は3月に急増して過去最高 を記録した。欧州市場が鈍化したものの、中国やロシアの堅調な需要に 支えられた。フォーチュン・エクイティ・ブローカーズ・インディアの アナリスト、マハンテシュ・サバラド氏によると、同部門の高級車の売 り上げ増が業績に寄与した。タタは今後5年間に同部門に年間15億ポン ドを投じて新型モデルや改良モデルを開発する計画だという。

原題:Tata Motors Profit Surges Beating Estimates on Demand for Evoque(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE