コンテンツにスキップする

ウッドフォード氏、オリンパスと和解-英訴訟で、詳細は不明

オリンパスのマイケル・ウッドフォ ード元社長は、自身を解任した同社を相手取る英国での訴訟で和解し た。同氏はオリンパスの損失隠し発覚につながった疑惑を指摘後、昨 年10月に解任された。

事情に詳しい関係者によると、ウッドフォード氏は6000万ドル (約48億円)の損害賠償を求めていた。

同氏は29日、審理が行われたロンドンの雇用審判所の部屋の外で 「オリンパスは前進しなければならない」と述べ、「取締役会は刷新さ れた。私も先に進む必要がある」と語った。

ウッドフォード氏の弁護士、トーマス・リンデン氏は、和解はオリ ンパスの来月の取締役会で承認される必要があると語った。オリンパス 広報担当の小林修氏は同日のブルームバーグの電話取材に対し「ウッド フォード氏との和解に向け調整しているのは事実」としながらも、調整 の内容に関するコメントは避けた。

和解の詳細は公表されていないものの、英紙フィナンシャル・タイ ムズ(FT)が先に報じたところによれば、ウッドフォード氏への1000 万ポンド(約12億5000万円)の支払いが含まれている可能性がある。

原題:Ex-Olympus CEO Woodford Settles Unfair-Firing Lawsuit in London(抜粋)

--取材協力:Chris Cooper、天野高志.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE