アジア株:上昇、中国の追加刺激策に期待-自動車株など高い

29日のアジア株式相場は上昇。中国 が景気押し上げのために追加措置を講じるとの見方が、欧州債務危機へ の懸念を上回った。

中国の自動車メーカー、吉利汽車や東風汽車が買われた。車買い替 え時に政府が補助金を支給する制度が復活すれば、その恩恵を受ける可 能性があるとBNPパリバが指摘した。売り上げの14%を中国に依存す るコマツは3.2%高。資産家ビンセント・ロー(羅康瑞)氏が率いる不 動産開発会社、瑞安房地産(スイオンランド)は香港市場で7%高。傘 下部門のスピンオフ(分離・独立)計画が好感された。

MSCIアジア太平洋指数は日本時間午後3時7分現在、前日 比1.1%高の113.53。一時は0.6%下げる場面もあった。日経平均株価は 同63円93銭(0.7%)高の8657円8銭で引けた。

アリアンツ・グローバル傘下のRCMでアジア太平洋地域の最高投 資責任者(CIO)を務めるレイモンド・チャン氏はブルームバーグテ レビジョンのインタビューで、中国の「指導層は景気減速を既に意識し ており、向こう数週間で対策が示されるだろう」と述べた。

原題:Asian Stocks Advance as China Stimulus Tempers European Concerns(抜粋)

--取材協力:Kana Nishizawa.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE