フィリピン格付け見通しを「ポジティブ」に-ムーディーズ

米格付け会社ムーディーズ・インベ スターズ・サービスは29日、フィリピンのソブリン格付け見通し(アウ トルック)を「ポジティブ(強含み)」に引き上げたと発表した。債務 水準の改善を理由に挙げた。

ムーディーズの資料によれば、フィリピンの外貨建て長期債格付け 「Ba2」の見通しはこれまで「ステーブル(安定的)」だった。フィ リピンの格付けは投資適格級を2段階下回る水準。

三井住友銀行の吉越哲雄シニアエコノミスト(シンガポール在勤) は、「フィリピン政府は正しい軌道を歩んでいる。投資の力強さが見受 けられる」と述べた。

原題:Moody’s Raises Philippine Sovereign Rating Outlook to Positive(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE