コンテンツにスキップする

中国:自動車買い替えへの補助復活へ、国務院が合意-当局者

中国の国務院は、乗用車を下取りに 出した人への金銭的なインセンティブを復活させることで合意した。政 府当局者1人が明らかにしたもので、世界最大の自動車市場である同国 の需要増加につなげる狙いがあるという。

情報が非公開であることを理由に同当局者が匿名で語ったところに よれば、国務院は先週この計画を承認。現在、関係閣僚が対象車種や政 府支援の規模などの詳細を詰めている。政府はまた、農村部での新車購 入に対する資金支援についても実現可能性を調査しているという。

経済成長が予想よりも鈍化し、自動車販売が落ち込んだことを受け て、政府当局者には消費需要を回復させるよう求める圧力が高まってい る。中国は2009年、世界的な金融危機に対応するため自動車買い替えに 補助金を支給する奨励策を導入。翌年の国内新車販売は496億元 (約6200億円)に拡大した。

中国自動車工業協会(CAAM)のデータによれば、1-4月の同 国の自動車全体の販売台数は前年同期比1.3%減少。同時期として は、1.6%減となった1998年以来の不振だった。

ロイター通信は先に、中国政府が近く、保有車を下取りに出して燃 費の良い新車に買い替える農村部の住民に補助金を支給すると報じてい た。

原題:China Poised to Revive Cash-for-Clunkers Program, Official Says(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE