コンテンツにスキップする

藤村氏:国際的モニタリングの必要性も-米西海岸のマグロに放射能

藤村修官房長官は29日午前の閣議後 会見で、米国の西海岸沖で捕獲したクロマグロから通常より高い放射性 セシウムが検出されたとの報道について、国際的な水産物のモニタリン グの問題が出てくると述べた。関連情報を収集していくとも語った。

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE