コンテンツにスキップする

ルネサス株が初の200円割れ、メリル日本証は目標株価下げ-東京市場

ルネサスエレクトロニクスの株価 が、上場来安値を連日更新している。前日に従来報道の約2倍の規模の 増資を計画中と報じられ急落したのに続き、メリルリンチ日本証券が目 標株価を大幅に下げたのを受け、売りが加速した。

株価は午後に一段安となり、前日比19%安の198円を付けた。日 中下落率は2008年10月に記録した20%以来の大きさ。午後2時23分 現在は同17%安の203円で、値下がり率は時価総額500億円以上の国 内上場株で首位。

メリル日本証のサイモン・ウー、平川幹夫の両アナリストは28日 の株式取引終了後に目標株価を410円から150円へと引き下げた。リポ ートでは同日午後発表の台湾積体電路製造(TSMC)へのマイコン生 産委託が、委託費用の増大によりルネサスの製品マージン低下につなが り得るとしたほか、財務面での厳しさなどを指摘した。

ルネサスについてはブルームバーグ・ニュースが25日夜、1000億 円規模の増資と1万人を超える削減を計画中だと伝えた。この規模はい ずれも、それまでの報道の約2倍。

28日の株価は、計画の実現が不透明で希薄化懸念もあるとの見方 から急落。設立主体の1つで、支援に消極的なNECの株価もつれて大 幅安となった。29日のNEC株価は小幅な値動きとなっている。

--取材協力 天野高志 Editors:駅義則, 室谷哲毅

東京 小笹俊一 Shunichi Ozasa +813-3201-3624 sozasa@bloomberg.net 記事についてのエディターへの問い合わせ先: Michael Tighe +852-2977-2109 mtighe4@bloomberg.net; 大久保義人 +81-3-3201-3651 yokubo1@bloomberg.net

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE