露TNK-BP:フリードマン氏がCEO辞任-経営委も退く

英石油会社BPのロシア合弁会社 TNK-BPは、富裕投資家ミハイル・フリードマン氏(48)が最高経 営責任者(CEO)を辞任すると発表した。同氏の辞任により、BPと ロシア人株主の対立は一段と深まることとなる。TNK-BPはロシア 3位の石油会社。

30日以内にCEOを辞任するフリードマン氏は、TNK-BPの経 営委員会からも退く。発表によれば、TNK-BP株式50%を保有する ロシアの資産家集団「AAR」のビクトル・ベクセルベルグ、ゲルマ ン・ハン両氏は同委に残る。同社株の残り50%はBPが保有している。

フリードマン氏は2013年末までTNK-BPのかじを取るはずだっ た。BPとロシア側出資者はしばしば対立しており、08年にはBPのボ ブ・ダドリー現CEOがTNK-BPのCEO職の辞任とロシア出国に 追い込まれた。

ロイヤル・バンク・オブ・カナダのアナリスト、ピーター・ハット ン氏(ロンドン在勤)は「BPはすでに非常勤取締役の新たな候補者探 しに苦労しており、CEO選定はさらに難しいだろう」と指摘した。

TNK-BPの広報担当者は、フリードマン氏の辞任理由を明らか にしていない。

原題:TNK-BP Billionaire Fridman Quits as CEO, Deepening Dispute (3)(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE