コンテンツにスキップする

イタリア北部でM5.8の地震-少なくとも15人、約200人負傷

イタリア北部のエミリア・ロマーニ ャ州で29日、マグニチュード(M)5.8の地震が発生し、少なくとも15 人が死亡した。

同国市民防衛局のウェブサイトによると、地震は同州モデナで午前 9時(日本時間同日午後4時)ごろ発生。同地域は20日にも同じような 規模の地震に見舞われており、7人が死亡している。カトリカラ官房長 官は議会で、今回の地震により7人が行方不明、約200人が負傷したと 報告した。

同長官によると、29日は約8000人が避難。20日の地震などと合わせ て避難者数は約1万4000人に上った。エミリア・ロマーニャ州政府の発 表によれば、最も深刻な被害が報告されたのはカベッツォ、メドッラ、 ミランドラを含む震源周辺の都市。北部の金融の中心地ミラノなどでも 揺れが感じられた。

モンティ首相はローマで、イタリア政府は緊急事態に「対応するた めに必要なあらゆる措置を講じる」と表明。30日の閣議で緊急対策を協 議する。

原題:Italian Earthquake Kills at Least 15 in Emilia Romagna Region(抜粋)

--取材協力:Marco Bertacche、Tommaso Ebhardt、Jeffrey Donovan、Chiara Vasarri、Lorenzo Totaro.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE