コンテンツにスキップする

ヴァーレ:コロンビアの石炭資産、ゴールドマンに売却で合意

世界最大の鉄鉱石生産会社、ブラジ ルのヴァーレは、コロンビアの発電用石炭資産を米ゴールドマン・サッ クス・グループの子会社に4億700万ドル(約320億円)で売却すること で合意した。ヴァーレは金属生産に重点を置いている。

ヴァーレは28日発表した資料で、発電用石炭資産をゴールドマン傘 下のコロンビアン・ナチュラル・リソーシズに現金で売却する方針を明 らかにした。売却する資産には、エル・アティージョ炭鉱やセロ・ラル ゴ鉱床のほか、コロンビアの大西洋岸にある港湾施設、港と炭鉱とをつ なぐ鉄道の株式8.4%も含まれる。

ヴァーレは資料で「コロンビアの発電用石炭事業の売却は、資産ポ ートフォリオの最適化を目指す継続的取り組みの一環だ」としている。

鉄鉱石価格の下落により利ざやが縮小する中、ヴァーレのムリロ・ フェレイラ最高経営責任者(CEO)は投資家への資本還元に重点を置 きつつある。7日には傘下カダムの株式61.5%の売却を発表し、カオリ ン鉱物事業から撤退した。また事情に詳しい関係者3人が今月、ブルー ムバーグ・ニュースに明らかにしたところによると、ヴァーレはブラジ ルの石油・天然ガス資産を売却するためカナダのノバスコシア銀行と米 シティグループを採用している。

原題:Vale Sells Colombian Coal Assets to Goldman for $407 Million (3)(抜粋)

--取材協力:Christine Jenkins.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE