NY原油電子取引:3日続伸、ギリシャの見通し改善で

ニューヨーク原油先物相場は28日の 電子取引で3営業日続伸。ギリシャの有権者が欧州連合(EU)による 救済に必要とされる緊縮策を支持する可能性が示されたことを受けて、 欧州債務危機が封じ込められるとの信頼感が強まった。

ギリシャでは同国向け支援合意を支持する新民主主義党(ND)の 支持率が首位になったことが6つの世論調査で示された。欧州の混乱で 燃料需要が抑制されるとの懸念が広がる中、原油は今月に入り13%下落 している。25日は、イランが核兵器に転用可能な濃縮ウランの生産を拡 大したとの国際原子力機関(IAEA)の発表を受けて上昇していた。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物7月限は現地時 間午後1時14分(日本時間29日午前2時14分)現在、前週末比28セント (0.3%)高の1バレル=91.14ドル。今年に入り7.8%下落している。 この日はメモリアルデーの祝日でフロア取引は休場。

原題:Oil Climbs for Third Day on Greece Outlook, Iran Nuclear Tension(抜粋)

--取材協力:Ramsey Al-Rikabi.

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中
    LEARN MORE