コンテンツにスキップする

ロンドン銅:3日続伸-欧州債務危機への懸念緩和で

28日のロンドン金属取引所 (LME)の銅相場は3日続伸。ギリシャの複数の世論調査で国際支援 を支持する政党の優勢が示され、欧州債務危機で需要が抑制されるとの 懸念が和らいだ。

RBCキャピタル・マーケッツは報告書で、「楽観的な見方が市場 に若干入り込んできた」と指摘。銅相場は「一部の人が考えるほど需要 が悪くないとの憶測に加え、過度の売られ過ぎのポジション」の恩恵を 受けたとの見方を示した。

LME銅先物(3カ月物)は前営業日比0.6%高の1トン=7685ド ルで終了。今月は8.5%安と、このまま行けば昨年9月以来の大幅下 落。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のCOMEX部門の銅先物 7月限は0.6%高の1ポンド=3.4685ドル。米国はメモリアルデーの祝 日で、フロア取引は休場。

原題:Copper Climbs for Third Day on Reduced Concern About Euro Crisis(抜粋)

    最新の情報は、ブルームバーグ端末にて提供中 LEARN MORE